日本語Webセミナー:第3回「SDL AppStoreから」アプリのご紹介

SDL AppStore(旧SDL Open Exchange)にはSDL Trados Studio の機能を拡張する無料のアプリが、SDL やサードパーティーから多数公開されています。本セミナーでは、日本のお客様にお役にたちそうなアプリをご紹介しています。
 

1. Web Lookup!
   「Web Lookup!」は、SDL Trados Studio上でWeb検索を実行できるようにするプラグインです。 Web Lookup!をインストールすると、原文や訳文に出てくるあらゆる単語や語句について、SDL Trados Studio 2015のウインドウにWeb検索の結果を表示できます。Webブラウザを開く必要はありません。 Google, Wikipedia, Bingなどあらかじめ設定された40の検索エンジンや、自分の好きな検索エンジンを設定して、複数の検索エンジンで一度に検索ができます。

2. MS Word Grammar Checker
    「MS Word Grammar Checker」を使うと、Microsoft Wordの文章校正機能をSDLTrados Studio 2015で直接利用できるようになります。日本語の校正機能も、英語の校正機能も利用できます。Trados Studioの検証機能を使って一括タスクとして実行することも、分節ごとにリアルタイムでエラーをチェックすることもできます。

3. PackageReader
    PackageReaderを使用すると、パッケージをSDL Trados Studioで開かずにプレビューできます。 パッケージをダブルクリックするだけで、EメールまたはWindowsエクスプローラから直接プレビューでき、パッケージに含まれるSDLXLIFFファイルの統計情報や、翻訳メモリ、用語ベースを確認できます。さらにXLIFFファイルの内容のプレビュー表示も可能です。