トレーニング計画

SDLでは、基礎トレーニング、役割に特化したトレーニング、カスタマイズしたトレーニングから、さまざまな内容を組み合わせたコースまで、組織内のすべてのユーザーに合わせたトレーニングをご用意しています。

初心者から上級者までを対象に授業形式のコースと自習形式のeラーニングを提供しています。内容もインストールやアップグレード、ベストプラクティス、日常業務など豊富です。パンフレットをダウンロードして詳細をご確認ください。

お問い合わせ

トレーニングコース

製品別にコースを検索できます。

次の条件でフィルタリングして表示できます。

SDL Managed Translation(ユーザーおよび仕事を提供する側向け)

本コースでは、ユーザーおよび仕事を提供する側を対象に、SDL Managed Translationでプロジェクトを処理する仕組みの概要を説明します。

トレーニング コース

SDL TMS(管理者向け)

本コースでは、SDL TMSシステムの技術面とビジネス面の両方を管理できるようになります。

トレーニング コース

SDL TMS(プロジェクトマネージャー向け)

本コースは、プロジェクトマネージャーを対象にしています。

トレーニング コース

SDL Live Content S1000D(開発者向け)

本コースは、LiveContent S1000Dのカスタマイズに関わるソフトウェア開発者および保守管理者を対象にしています。

トレーニング コース

SDL Managed Translation(レビュアー向け)

本コースでは、レビュアーを対象に、SDL Managed Translationのインターフェイスで翻訳のレビューを行う手順を段階ごとに説明します。

トレーニング コース

SDL Contenta S1000Dの基礎

本コースでは、SDL Contenta S1000Dで使用可能なすべてのツールおよび機能と、共通ソースデータベースの利用について説明します。

トレーニング コース

SDL Passoloトレーニングコースの概要

本コースでは、SDL Passolo 2018の基本的な使い方を学習します。

トレーニング コース

SDL Tridion Sitesの基礎

本コースは、エディター、ビジネスユーザー、開発者、システム管理者、アーキテクトを対象にしています。

トレーニング コース

SDL Tridion Sitesの機能設計とコンテンツモデリング

本コースでは、SDL Tridion Sitesの導入に必要な機能設計とコンテンツモデリングの実装について、主要概念とベストプラクティスを紹介します。

トレーニング コース