SDL Managed Translation

ローカリゼーションプロセス全体を容易に管理

翻訳業務の一元化、所有、管理

SDL Managed Translationでは、組織の規模にかかわらず、ブラウザベースの一元化されたプラットフォームを使用してローカリゼーションプロセス全体を管理できます。これにより、翻訳コストの削減、翻訳品質の向上、翻訳プロセスの効率化が実現します。さらに、組織に所属する全員がローカリゼーションプロセスにアクセスできるようになります。

SDL Managed Translationを使用すると、SDL Language Services、サードパーティの翻訳会社、社内の翻訳人材などさまざまな種類の翻訳リソースをローカリゼーションプロセスに組み込むことができます。また、SDLのプラットフォームは機械翻訳フレームワークにもアクセス可能なため、十分な品質の完全自動翻訳またはポストエディットを伴う翻訳を利用するコンテンツローカリゼーションの流れにも対応できます。

SDL Managed Translationの詳細

効率的なローカリゼーションプロセス

一元管理された翻訳メモリと、用語集管理ツールにより、すべての訳文言語で常に高品質な翻訳とコミュニケーションの標準化を達成できます。
ローカリゼーションプロジェクト全体を把握できる可視性と追跡機能を備えた使いやすいブラウザインターフェイスで、プロジェクトの送信や管理を行います。
SDLの翻訳プラットフォームを活用するSDL Managed Translationは、翻訳のスピードアップと納期の短縮に役立ちます。
SDL Managed Translationは、プラットフォームの設定、管理、サポートをSDLが行う完全管理サービスです。お客様は、システムのメンテナンスではなくローカリゼーションプロセスに集中できます。