翻訳管理

高品質な翻訳を確実に提供するために、一元化されたソフトウェア
プラットフォームでローカリゼーションプロセス全体を効率化

効率化と管理向上

すべての翻訳作業を1つの効率的なプロセスにまとめ、場当たり的な手作業を排除します。優れた翻訳メモリ、用語集管理機能、カスタマイズ可能なワークフローを活用し、翻訳コストを最大50%削減します。

翻訳コストの削減

過去に翻訳したコンテンツを活用することで、ローカリゼーションプロセスを効率化し、プロジェクトのコストを効果的に管理します。SDLの優れた翻訳管理システム(TMS)を導入しているお客様は、翻訳プロセスの一元管理により担当者の負担を軽減し、最大50%のコスト削減を実現しています。

翻訳プロセスの高速化

プロセスの全ステップを自動化し、ローカリゼーションのスピードアップを図ります。カスタマイズ可能なワークフローを翻訳プロジェクトやコミュニケーション(プロジェクトマネージャー、翻訳者、翻訳会社、レビュアー間)に適用することで、納期の遅延を防げます。柔軟なAPIが備わっているため、SDLのテクノロジーと既存の各種コンテンツ管理システムを簡単に統合できます。

翻訳品質の向上

優れた用語集管理機能によって、コンテンツの品質と一貫性が向上します。一般的な単語や企業用語などは、翻訳メモリに承認済みの訳が保存されるため、それを再利用しながら表現を統一できます。

完全な全体管理

柔軟なワークフローとシステム統合により、翻訳ライフサイクル全体を完全に管理できます。品質指標の追跡により、実績データに基づいて計画や予算を立てたり、見積もり、請求、複数の翻訳会社を簡単に管理したりすることが可能です。

拡張性に優れたソフトウェアシステム

変化するビジネスニーズに合わせて、翻訳管理ソリューションを拡張できます。対応言語や機能の追加、機械翻訳の導入、新しいベンダーの追加、主要ビジネスシステムとの統合、これらすべてを同じプラットフォームで行えます。

このような柔軟性により、ROIを短期間で実現できます。

SDL翻訳管理ツールと普段使用しているアプリケーションを統合

翻訳テクノロジーとサービスで業界をリードするSDLのソリューションは、幅広い企業向けプラットフォーム、コンテンツ管理システム(CMS)、ウェブ管理アプリケーションと連携し、翻訳機能にかつてないほど容易かつ迅速にアクセスできるようにします。
SDL Managed Translation:翻訳プロジェクトを迅速かつ容易に作成・管理