Live Chat

SDL Passolo 2018の新機能

翻訳チームにスムーズに適合するソフトウェアローカリゼーション

新機能と接続性によって効率性・整合性・可視性が向上

SDL Passolo 2018のSDL Trados StudioおよびSDL Trados GroupShareとの新たな統合によって、翻訳者が希望する翻訳環境でPassoloプロジェクトの作業をより効果的かつ容易に行えるようになりました。 SDL MultiTermとのより深い連携によって品質が向上し、Boxプラットフォームとも安全に接続できるようになり、共同作業の効率化と作業時間の短縮が可能です。

プロジェクトマネージャーにとっては、レポート作成用データが増え、プロジェクトの追跡が向上し、タスクの処理方法がより効率的になりました。自動化されたワークフローを使用するユーザーに対しては、多数の拡張機能で管理が向上しました。 多くの追加機能を搭載したSDL Passolo 2018により、翻訳のスピードアップと品質向上が実現します。

柔軟性の向上
パフォーマンスの改善
管理の向上

SDLの翻訳ツールとの間でデータのやり取りが容易

Passolo 2018では、SDLXLIFF形式に対応したツールに文字列リストを移動し、翻訳後にそれをインポートして戻すことが簡単になりました。

翻訳者は使い慣れた翻訳ツールで効果的に作業を行うことができ、プロジェクトマネージャーはツール間でのバイリンガルファイルの移動によるエラー発生が減少するので安心できます。

プロセスの品質と管理

SDL Passolo 2018とSDL Trados Studio間でのデータのやり取りが容易になり、プロジェクトマネージャーにとっては、SDL Trados Studioの品質保証機能とPassolo独自のソフトウェアローカリゼーション機能の両方を活用できるというメリットがあります。

翻訳者にとってのメリットは、SDL Trados Studioとの最適な統合と、生産性を高める強力な機能です。無料のSDL Passolo Translator Editionで作業することもできます。

オンラインエディタで翻訳とレビューを迅速化

Passolo 2018では、SDL Trados GroupShareの使いやすいオンラインエディタにPassoloの文字列をすばやく移動して、オンラインとオフラインの作業を保護された状態で行えます。

Macやモバイルデバイスなど、あらゆるデバイスで、プロジェクトマネージャー、翻訳者、エンジニア、レビュアーがリアルタイムでプロジェクトを共有し、同時に作業できます。

Boxを使用して安全な共有を迅速に実行

安全なBox.comストレージプラットフォームと連携するようになり、翻訳者とレビュアーによる変更がSDL Passolo 2018で自動的に同期されます。 

個々のユーザーに権限を付与した状態でBoxと連携するため、作業時間が短縮され、プロジェクトマネージャーの管理が軽減されます。

SDL MultiTermの品質向上

より高速で包括的な検索機能によってSDL MultiTermでの用語集の操作をより迅速に行えるようになりました。

3文字未満の用語検索にもきめ細かなオプションが用意され、検索結果の品質も向上しています。

画面のデザインが更新されて情報量が増加し、用語の出典をさまざまな用語ベースからより簡単に確認できるようになりました。

堅牢なワークフローが自動化に対応

高度に自動化された翻訳フローを実現するには、さらに高い精度と信頼性が求められます。SDL Passolo 2018には、自動フローの効率を高める拡張機能が搭載されています。

例外や共有違反を解消するためのプロセスがソフトウェアのバックグラウンドで実行され、処理の信頼性が向上しています。

新しいレポートにより簡素化された解析

プロジェクトマネージャーは、文字列エリア内の新しい統計ビューを使用して進捗状況を一目で把握できます。 データが詳しくなったうえ、統計とリソースのビューを切り替えることもできます。

SDL Passolo 2018レポートのスタイルも変更され、ルック&フィールが新しくなり、データの確認がより簡単かつ明確になりました。

タスク管理の新たな方法

Passolo 2018では、ナビゲーションやタスク割り当ての方法が向上し、長いリストからタスクを見つけることが簡単になりました。

タスクのフィルタ・検索の機能が追加され、ユーザー、割り当て先、言語、日付といったプロパティでフィルタを適用できます。これにより、プロジェクトマネージャーと翻訳者の作業すべてが効率化され簡単になります。

検索・置換がすべてのバッチコマンドに対応

  1. ドロップダウンの場所が新しくなり、検索範囲のより細かい制御が可能
  2. 開いてアクティブ化されている文字列リストの「検索と置換」オプションが増加
  3. ルック&フィールがさらに直感的になり、使いやすさが向上

よりスムーズで効率的な自動化

自動化にさまざまな改善が施され、コメントを開く、閉じるなども簡単になりました。

新機能であるSDLXLIFFエクスポートの操作時に、パーサーレベルとプロジェクトレベルのコメントがより明確になりました。 COMオブジェクトモデルのあいまい一致レポートの範囲が改善され、翻訳リストの削除・削除の取り消しを自動で行えます。

使いやすい新機能

  • プロジェクトツリーのステータスアイコンが新しくなり、文字列リストのステータスを簡単にすばやく見分けることが可能
  • 顧客体験プログラムの参加を選択すると、使用パターンの解析によってPassoloの機能がさらに向上
  • SDL Passolo 2018では、構成ファイルに一般的に使用されているYAMLパーサーファイルの操作が可能

SDL Passolo 2018を無料で評価

評価版SDL Passolo 2018をダウンロードして、ソフトウェアローカリゼーションプロセスに役立つ優れた機能をご確認いただけます。

プロフェッショナル翻訳チーム向けのSDL翻訳テクノロジーについて