SDL Connecting Content

コンテンツと翻訳システム間を密に連携し生産性の大幅な向上を実現します。

シンプルかつシームレスに連携し、翻訳をスピードアップ

SDL Connecting Contentを使用すると、コンテンツ管理システムとSDLの翻訳ソフトウェアを容易に連携できます。 ファイルの転送と準備が自動化されるため、プロジェクトマネージャーやコンテンツ制作者、そして翻訳者もそれ以外の重要な作業に専念できます。 標準化された効率的なプロセスでコンテンツが適切に処理され、チームが円滑に連携できる作業環境が構築されます。

管理の自動化による時間短縮

SDL Connecting Contentでは、SDL製品(SDL Trados Studio、SDL Trados GroupShare、SDL WorldServerなど)をリモートで管理することができます。 プロジェクト作成、ファイル解析、一括翻訳、品質評価といったさまざまなタスクを自動化することで、より価値の高い作業に時間を多く費やすことができます。 さらにSDL Connecting Contentでは、翻訳後のファイルを操作し、CMSやその他システムで使用可能な形式に変換することもできます。

容易な設定

SDL Connecting Contentでは、使いやすいユーザーインターフェイスによりジョブの設定をすぐに始められます。 指定した順番でタスクを開始できるため、複雑な自動プロセスの作成も簡単です。 ワークフローや規格に合わせて、複数のSDL Connecting Contentインスタンスを同時に使用できます。

汎用性の高い連携

SDL Connecting Contentは、デスクトップツールとして使用するか、サーバーにインストールするか、ジョブポータルからアクセスするかを柔軟に設定できます。 ジョブを開始するには、ファイルを「監視対象」フォルダに追加するだけです。APIの直接呼び出しまたはブラウザのインターフェイスを使用することで、多様なシステムからのコンテンツを翻訳用に自動的に処理し、送信することが可能です。

基準を維持し、エラーを最小限に抑制

SDL Connecting Contentを使用してタスクを自動化すると、コンテンツ処理の基準を維持できるうえ、遅れの原因となる手作業のエラーを排除できます。

SDL Connecting Contentの柔軟なXMLパーサーにより、翻訳データ交換規格のCOTIを始めとするさまざまなファイル形式をサポートします。