SDL Trados GroupShareがあると可能性が広がります

翻訳チームの日常業務を円滑化する方法をご確認ください



可能性は無限と言われます。確かに、翻訳チームをまとめるソフトウェアがあれば可能性は無限です。

日々、作業量が増加し、要求が高まる中でも、プロジェクト管理に費やす時間を短縮し、最も重要な仕事、つまりグローバルユーザーを引き付ける優れた翻訳の提供に多くの時間をかけましょう。

クラウド、オンプレミス、または専用サーバーでホストされるSDL Trados GroupShareは、今日の翻訳チームの働き方に合わせて設計されており、柔軟性、可視性、管理性、自主性を高めます。

柔軟性
可視性
管理
自主性

柔軟性の向上

翻訳チームがオフィス内や地理的に分散している場合は、チームメンバー全員がいつでもどこでもプロジェクトにアクセスして作業できる必要があります。 

忙しいプロジェクトマネージャーのために、SDL Trados GroupShareが作業を自動化および簡素化し、プロジェクト作成・管理プロセスを迅速かつ容易に進行できるようにします。翻訳チームはSDL Trados GroupShareの翻訳機能やレビュー機能を利用できます。SDL Trados GroupShareは、デスクトップの機能性とクラウドの万能性を融合し、あらゆる作業に適切なツールを提供します。

SDL Trados GroupShare

可視性の向上

翻訳プロジェクトの進行中は、状況を把握するために、定期的に翻訳者やレビュアーに電話やEメールで連絡を取る必要があります。複数のプロジェクトを同時に担当していると、開始したばかりのプロジェクト、進行中のプロジェクト、終了間近のプロジェクトが混在し、可視性の欠如が頭痛の種になってしまいます。

SDL Trados GroupShareのダッシュボードでは、個々のプロジェクトについて、現在の段階、翻訳者やレビュアーの作業内容、作業中のファイル、作業完了時期を迅速かつ簡単に確認できます。
SDL Trados GroupShare

管理性の向上

翻訳資産を一元的に保存していないと、翻訳チームの各メンバーが各自の翻訳メモリを使用・更新できてしまいます。プロジェクトマネージャーは各メンバーのバージョンを統一できず、すぐに管理が困難になります。

翻訳資産のハブとして機能するSDL Trados GroupShareを活用すると、チーム全体で常に最新バージョンを使用できます。また、プロジェクトマネージャーは翻訳者やレビュアーに割り当てたすべてのプロジェクトファイルを完全に管理できます。さらに、セキュリティが強化されます。翻訳メモリ、用語ベース、ファイルに対する権限の付与・解除やファイルダウンロードの制限を個人別に行えます。また、SDL Trados GroupShare Online Editor使用時のコピー&ペーストの禁止も可能です。

SDL Trados GroupShare

自主性の向上

設定した翻訳プロジェクトごとに、ファイルの準備が整ったら翻訳者に通知したり、プロジェクトを各段階に移行したりするなど、特定のタスクをこなしていく必要があります。このようなタスクを手動で管理・実行すると、非常に時間がかかり、生産性の高い仕事にかけるべき時間を使ってしまいます。

SDL Trados GroupShareは、主要なプロジェクト管理作業を自動化するため、このような繰り返し発生する重要なタスクからプロジェクトマネージャーを解放します。
SDL Trados GroupShare

拡大する翻訳チームの成長を促す4つの方法

チームメンバー全員の成果を向上させるには、どうしたらよいでしょうか?

このeBookでご確認ください。

ライブデモ:使いやすいSDL Trados GroupShare Online Editor

11月9日15:00~15:15(英国時間)、11月10日0:00~0:15(日本時間)

この15分間のセッションでは、SDLのビジネスコンサルタントであるFleur Schutが、SDL Trados GroupShare Online Editorによってチームの柔軟性が向上し、翻訳を短期間で完了できる理由を、ライブデモでご説明します。また、翻訳者とレビュアーが同じドキュメントで同時に作業して時間を節約できる仕組みや、あらゆるウェブベースのデバイスでブラウザから編集できる仕組みについても取り上げます。


ウェビナー:SDL Trados GroupShareで翻訳チームの作業効率を高める

11月15日15:00~16:00(英国時間)、11月16日0:00~1:00(日本時間)

SDLのMarketing ExecutiveであるClementine Tissierと、Customer Success RepresentativeであるRoman Jhukovが、チームの作業効率向上に必要なSDL Trados GroupShareの機能についてご説明します。また、管理性、柔軟性、可視性、自主性を高める仕組みについてもご紹介します。


GroupShareで手作業がどれだけ削減できるかをご確認ください

SDL Trados GroupShareがもたらすメリット

「過去の翻訳をフル活用できるようになっています。複数の翻訳者がSDL Trados Studioから同時に、SDL Trados GroupShareに保存されているTMにアクセスできます。そのため、リアルタイムでお互いのコンテンツを再利用して時間と労力を節約でき、一貫性が向上します。リアルタイムでTMを更新することも、顧客から受け取ったTM交換(TMX)ファイルを簡単にインポートすることもできます」
Almudena Ballester氏
LinguaServe
Language Resources & Technologies Coordinator
「SDL Trados GroupShareは、拡大する翻訳チームに最適なサーバープラットフォームです。すべてが一元化されるため、外部の個人翻訳者も含め全員で共同作業できます。チームのタスクの割り当てや完了の連絡も簡単です。ミスが発生しやすい時間のかかる手動タスクをワークフローからなくすことができます」
Angelo Caltagirone氏
Traductor
Managing Director
「SDL Trados GroupShareによって、当社チーム全員は、どこにいてもクラウド経由でグローバルプロジェクトのデータに簡単にアクセスできるようになりました。プロジェクトマネージャーはプロジェクトの進捗状況をリアルタイムで確認して管理できます。顧客もプロジェクトの最新情報に直接アクセスできます。このような透明性が、すべての作業で一貫性を確保し、作業の重複を防ぐのに役立っています」
Antoine Camus氏
Word Class
General Manager
「2015年にSDL Trados GroupShareを導入し、数年経ちました。導入してすぐ、このクラウドソリューションで時間とコストを節約できると気づきました。翻訳者を手配したら、数クリックの操作でプロジェクトファイルを割り当てるだけです。翻訳者の進捗状況を追跡できるうえ、翻訳者の登録したTUを簡単に使用できます。翻訳が完了したら、当社でファイルを開き、レビューし、完了処理を行って終了です。手間のかかるファイルのアップロードとダウンロードに費やす時間を、月に数千ファイル分、年に数百万ファイル分も節約できるのです。ファイルをSDL Trados GroupShareクラウドにバックアップすることで、セキュリティも確保されます」
Deborah A. Landry氏
Landry & Associates International
法廷認定翻訳者
「SDL Trados GroupShareの採用によって、プロジェクトマネージャーは社内外の複数のリソース間で翻訳作業をより簡単に受け渡しできるようになりました。SDL Trados GroupShareは当社のビジネスに非常に良い影響をもたらしています。コーディネート側の作業では、生産性が約25%向上し、規模の最も大きいプロジェクトでは、40%の向上を実現しています」
Isabelle Jenkins氏
Canacom
General Manager
「SDL Trados GroupShareとSDL MultiTerm Serverで用語集管理をレベルアップできました。現在、一元管理されている用語ベースは、リアルタイムに更新され、当社の翻訳者や、お客様とその国際パートナーがアクセスできるようになっています。これにより、翻訳の一貫性が向上しただけでなく、すべての関係者が参加して絶えず最適化を行う効率的なワークフローが実現しました。お客様のために長期的に有効な翻訳資産を構築できます」
Luciano Lykkebos氏
Scandanavian Language Service
Managing Director
「SDL Trados Studioの使用者全員が翻訳メモリと用語集リソースをリアルタイムで共有し、SDL Trados GroupShareの価値が非常に高いことを実感しています」
Marjukka Lehtinen氏
Castrén & Snellman
Translation Service Manager
「SDL Trados GroupShareにより、生産性が向上してコストを削減できました。SDL Tradso GroupShareでは資産を同時に共有できるので、納期を短縮しながら高品質な翻訳を実現できます」
Mark Cheetham氏
Swiss Global
COO
「Babel DGTがSDL Trados GroupShareの使用を顧客に推奨するのは、共同作業が容易になることはもちろん、セキュリティが強化されるためです。一元管理されたファイルへのセキュアなアクセスを提供することで、セキュリティと効率の面で不安なEメールによるファイル共有がなくなります。また、ファイルの作業が完了した翻訳者から権限を自動的に削除することで、セキュリティがさらに強化されます」
Rodrigo Vasquez氏
Babel DGT
CEO