SDL Enable S1000Dプログラムのご紹介

業界初のS1000D対応プログラムです。 SDL Enableは、最も複雑なS1000Dの導入計画を実現するために必要な機能をすべて備えています。

S1000Dプログラムを後押し

わずか60日で導入でき、90日で完全に運用できるようになります。 このプログラムには、仕様の理解に必要なすべてと、S1000Dのプロになるための必須トレーニングが含まれています。

適切なツールでソリューションを構築

実績のある革新的なツールを使用することが、成功につながる唯一の方法です。 SDL Enable S1000Dで使用するもの: 

  • SDL Contenta S1000D 
  • 基盤となるスイートについて 
  • SDL BREX Builder

S1000Dプロダクションシステムの導入

作成済みのコンテンツを含むDMが用意された、実用的なContenta S1000D CSDBのトレーニング、検証、導入が可能になります。 このプログラムは、完全導入を容易に実現するための確固たる基盤を提供します。

S1000Dの重要なニーズに対応するプログラム

  • ライセンスまたはリースオプション 
  • 機能を実証するためのサンドボックス 
  • トレーニングを受けたスタッフ 
  • 完全に導入されたS1000D CSDB 
  • コンテンツオーサリングに対応するS1000Dデータモジュール 
  • プロダクションシステムの運用を8~12週間で開始

SDL導入サービスの主なメリット

  • 手動タスクを自動化 
  • テクニカルライターがコンテンツの作成のみに集中可能 
  • 精度を高め、制作と編集のサイクルを短縮 
  • データを最大限再利用する 
  • より正確で効果的なドキュメントを配信 
  • 手間を省いた一括構成でコストを削減 
  • S1000Dのデジタル成果物を自動生成 
  • 個々のパブリケーションにとらわれないデータモジュールの編集で生産性を向上

お問い合わせ

Eメールでお問い合わせを受け付けております(英語)。

まずは情報収集したいという方は、 SDL Contenta Publishing Suiteの詳細をご覧いただき、必要な情報についてご確認ください。