新しいコンテンツアプローチを採用し、AIに対応可能な体制を構築する準備は整っていますか?

知識を一元管理して企業に好影響を与える

プロセスの敏捷性を向上し、従業員に適切な情報を提供することは、要求の厳しい今日の市場では依然として課題となっています。コンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)を導入することで、企業はデジタル変革を推進し、制御を維持し、従業員の体験を向上させることができます。 

IDCが最近調査を実施し*、膨大なデータ量の急増に直面している現代社会において、CCMSを導入して全体的な生産性の向上と知識の再利用を実現することの主なメリットを明らかにしました。この調査では次のことに焦点を当てています。 

  • 主な推進要因と課題 
  • デジタル変革を実現する手段としてのCCMS 
  • 従業員の体験と生産性への影響 
  • 情報を一元管理するエンタープライズナレッジハブの進化 

このIDC Technology Spotlight、「The Future of Knowledge Management: Agile, Governed & AI-Ready Componentized Content Services(知識管理の未来:俊敏性と管理性を備え、AI対応が可能なコンポーネント化されたコンテンツサービス)」をダウンロードしてください。 

* IDC Technology Spotlight(SDL後援)、「The Future of Knowledge Management: Agile, Governed & AI-Ready Componentized Content Services(知識管理の未来:俊敏性と管理性を備え、AI対応が可能なコンポーネント化されたコンテンツサービス)」、2019年5月

続きをお読みになるには、フォームにご記入ください

コンテンツは英語のみです!