Ars LogicaのCCMS手引書(2019年第4四半期):SDL Tridion Docs 14の評価

SDL Tridion Docs 14とコンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)の他社製品を比較したいという方は、Ars Logicaによる信頼性が高くかつ客観的なサードパーティ分析をダウンロードしてください。 

Ars Logicaのレポートでは、SDL Tridion Docs 14をコンポーネントライフサイクル管理、ワークフローと承認、共同作業と情報ガバナンス、ローカリゼーションと翻訳管理、プロセス効率とコスト抑制に照らして分析しています。Ars Logicaのレポートでは、SDL Tridion Docs 14の差別化を図るための主な強みとして以下の点を挙げています。 

  • CCMS市場における他のすべてのサービスをはるかに凌ぐローカリゼーション/翻訳管理。 
  • 業界をリードするコンポーネントライフサイクル全体の管理。 
  • 堅牢なワークフロー/承認と共同作業/情報ガバナンス機能。 
  • 技術面でのエコシステムの強さ。 

11の全プラットフォームのランキング
独立系調査会社Ars Logicaより新しく発行されたコンポーネントコンテンツ管理システム手引書では、同社が現在の市場で最重要と考える11のCCMSテクノロジープラットフォームについて考察されています。全体の比較データはこちらでダウンロードできます。

続きをお読みになるには、フォームにご記入ください

コンテンツは英語のみです!