California Casualtyのケーススタディ

California Casualtyのスタッフは、必要な情報を素早く見つけることに苦戦していました。また、従業員の生産性と顧客体験の向上を図りたいと考えていました。 

SDL Tridion Docsの導入により、次の成果を達成できました。 

  • California Casualtyのドキュメント数を35,000から6,500に減少。コンテンツ量が81%削減 
  • トレーニングマニュアルのページ数を700ページから200ページに減らし、71%もの削減に成功 
  • 情報の検索に費やす時間の大幅な短縮。ヒット率が75%向上したため、4人構成のヘルプデスクを廃止 

この最新のケーススタディで、California CasualtyがSDL Tridion Docsでどのようにして「適切な情報を適切な人に適切なタイミングで提供」することに成功したのかをご確認ください。

ダウンロード
コンテンツは英語のみです!