世界大手の高級自動車メーカーのケーススタディ

BMWグループには、ローカリゼーションとコンテンツ管理を統合し、世界規模で敏捷性と拡張性をもたらすソリューションが必要でした。そのソリューションは、安定性と信頼性を備え、年間2億ワード以上を処理できるものでなければなりませんでした。 

BMWは、SDL WorldServerとSDL MultiTerm Workflowで以下のことを実現しました。 

  • アフターサービス関連コンテンツの準備と後処理の90%以上を自動化 
  • 最大13,000件の進行中の翻訳プロジェクトを同時管理 
  • 初めて、世界的なローカリゼーションコストを明確に把握 

最新のケーススタディでは、世界大手の高級自動車メーカーが、37言語のローカリゼーション資産の一元化と統合を図り、世界中の顧客体験の拡張とサポートを実現した経緯をご紹介しています。

ダウンロード