RWS Groupのケーススタディ

世界のどこかで新規特許申請があると、知的所有権(IP)担当者はすぐに内容を把握したいと考えます。PatBaseがあれば、そのような必要情報を素早く入手できます。

15,000人以上の特許のプロがPatBaseを使用して、5,400万以上のパテントファミリーや、世界中の新規特許や更新(週に55,000件以上)を追跡しています。

RWS Groupでは、ユーザーがさまざまな言語で特許を迅速に把握し、重要な情報を検索できるようにするために、毎月27言語の170億文字以上を翻訳する必要がありました。同社はSDL Enterprise Translation Server(ETS)を選びました。オンプレミスにもプライベートクラウドにも導入可能であり、拡張性とコスト効率の高い機械翻訳(MT)ソリューションです。

このケーススタディをダウンロードし、SDL ETSで実現した成果をご確認ください。

  • オンプレミス型MTが機密データを保護
  • MTで毎月27言語の170億文字を翻訳
  • 総所有コスト(TCO)の改善

続きをお読みになるには、フォームにご記入ください

コンテンツは英語のみです!