SDLの企業向け機械翻訳 – データを保護しながら機械翻訳を活用

データ漏えいおよび情報管理の不備は、企業を悩ませる重大な問題です。最近では、従業員による無料オンライン機械翻訳(MT)ツールの使用が大規模なデータプライバシーの侵害を引き起こしています。これは、重要なコンテンツが翻訳ツールとのやり取りで公開され、検索可能な状態になってしまうためです。

企業の情報が社内ネットワークから公共のMTサービスに移された瞬間から、情報漏えいの危険があります。一般に利用可能なMTツールの使用が広がることで、情報セキュリティ担当者が休めない状態になるのは当然のことなのです。

このパンフレットをダウンロードして次の点をご確認ください。

  • オンラインMTによるデータ漏えいが実際に発生し、損害につながる理由。
  • 翻訳済みコンテンツの安全性を確保する方法。
  • 企業向けMTでROIを向上させる5つの方法。
ダウンロード