今日のコンテンツサプライチェーンは連続したカスタマージャーニーの阻害要因

SDLの委託による2018年11月のForrester Consultingのソートリーダーシップに関する論考

統一されたカスタマージャーニー

調査によると、顧客体験(CX)の向上、収益の増加、コスト削減は直接関連し合っています。 

企業がCXを向上させるには、カスタマージャーニー全体でコンテンツの作成、ローカライズ、提供をどのように行っているのを精査する必要があります。このコンテンツサプライチェーンでは、密接したブランド体験とオムニチャネル体験を実現できます。 

この調査では、Forrester Consultingが、コンテンツサプライチェーンによるコンテンツの作成から翻訳、提供までを評価しています。調査研究によると、顧客の期待の高まりによってコンテンツ体験の向上へのニーズも高まっていますが、これを実現するには、プロセスとテクノロジーの両方への全体的な投資が必要です。 

続きをお読みになるには、フォームにご記入ください

コンテンツは英語のみです!

主な調査結果 

  • 82%の企業が、コンテンツが主要なビジネス目標の達成に重要な役割を果たしていると回答している。 
  • 企業には連続したカスタマージャーニーに不可欠なグローバルなツールやプロセスがない。 
  • 企業はコンテンツの量とスピードに対するニーズの拡大に対処するために悪戦苦闘している。 
  • 製品情報には、顧客体験を向上させるうえで戦略的な価値がある。 

この調査をダウンロードして、自社のコンテンツの戦略的価値を明らかにしたい組織に対するForresterの主な推奨事項をご確認ください。