グローバルウェブサイト管理向けのSDL Tridion

グローバルウェブサイト管理を用いてブランドのイメージと価値を守り、CMSシステムの分散とブランディング要素の不適切な使用を避けることができます。 

SDL Tridionを使用すれば、言語とチャネルに関係なく、ブランドの一貫したメッセージを作成して、信頼性を保つことができます。メッセージを現地市場に合わせて調整し、顧客体験をパーソナライズして関連性をより高められます。

お問い合わせ

主要な結果

地域に合わせたメッセージで強力なグローバルブランドを作る。
多言語ブランドコンテンツのコストを58%削減。
モバイル訪問者が65%増加。
ウェブサイトの直帰率が20%減少。
オーガニックトラフィックが20%増加。
リードコンバージョン率が90%向上。

ビジネスアプリケーション

  • ブランドメーカー

  • 複数のブランドを持つメーカー

  • 多言語のパーソナライゼーション

多様なウェブサイト、言語、チャネル、デバイス全体で強いグローバルブランドを管理することは、必ずしも容易ではなく、簡単に手に負えなくなります。 

SDL Tridionであれば、中央のマーケティング部門がクラウドベースの使いやすいウェブコンテンツ管理を用いて、ワークフローを簡素化できます。新しい市場またはチャネルに合わせてウェブサイトをコピー、クローニングするのではなく、SDL Tridion独自のBluePrinting®が担当者に代わって管理するので、初日だけでなく、グローバルな規模で継続的にブランドを十分に保護できます。

製品が増え続ける中で複数のブランドを管理することを負担にしないでください。SDL Tridion独自のBluePrinting®機能により、1つのクラウドベースのウェブコンテンツ管理環境内から、あらゆる数のブランドを管理できるため、キャンペーンやウェブサイトを外注する必要はありません。 

規模の経済を実現し、マイクロサイトを開始することにブランドマネージャーが専念できます。独立したメッセージを持つ複数のブランドを、企業の指針に従ってより早く市場に投入できます。

動的でローカライズされた体験によって、自社ブランドと各顧客の結び付きを強化できます。SDLのグローバルウェブサイト管理ソリューションを使用すれば、個々の国のサイトを複数稼働させて、一元管理と地域の柔軟性の適切なバランスを取ることができます。 

体験の最適化により、プロモーションのターゲットを絞って、A/Bテストを実行できるので、最も効果の高いメッセージが見つかります。

主な特徴

マーケティングコンテンツの一元化

SDL Tridionを使用すると、複数のブランドや市場に幅広く対応したマーケティングコンテンツを作成、管理、ローカライズできます。 

キャンペーンの実施、製品やサービスのリリース、迅速なコミュニケーションのすべてを、1つの一元化されたプラットフォームで行えます。

マーケティングコンテンツの一元化
マーケティングワークフローを統一
同時リリース
サービスとしてのコンテンツ

信頼できるグローバルウェブサイト管理

Unilever
「Unileverブランドは企業の要です。SDL Tridionチームの支援があってこそ、非常にタイトなスケジュールの中でプロジェクトを達成することができました」

IT Manager、Katherine Attoe氏

デジタル主導のグローバル化戦略に関する調査レポート