法律分野向けソリューション

すべての法律業務全体で多言語コンテンツの課題の解決を支援し、電子情報開示、M&A申告、IPドキュメント、契約、マーケティング資料のどれを管理するのかに関係なく、急速に拡大する翻訳ワークロードに対応できるようサポートします。 

当社の言語専門知識およびテクノロジーが、世界各地の顧客により大きな価値を届けるサポートをします。

エキスパートにお問い合わせ

SDLを選ぶ理由

複雑な法的事項のすべてに対応する翻訳ソリューション
法律分野向けソリューションの提供で27年以上の実績
法律事務所トップ10社のうち9社が利用
1,400名以上の社内リンギスト
世界の規制を把握
翻訳サプライチェーンのセキュリティ

専門分野

すべての業務で法務担当者が抱える多言語の課題を解決します。

法律業務

社内の法務チームによる多言語コンテンツの管理能力を最大化します。SDLは、適切なテクノロジーの選択とプロセスの標準化により、一貫性と品質を確保し、過去の翻訳の再利用を図ることでコンテンツの作り直しを削減できるようお客様をサポートします。

知的所有権および特許

多言語による特許、商標、著作権付き作品に取り組む際に、安全な翻訳サプライチェーンを活用することで、御社のクライアントが地域全体を対象に知的所有権の潜在力を実現し、製品を保護し、イノベーションを促進できます。

訴訟

国境を越えた案件を処理できる多言語ソリューションを構築します。訴訟の内容がどれほど複雑であっても、翻訳、通訳、トランスクリエーションのすべてのニーズを包括的にサポートします。

M&A

合併、買収、統合、公開買付け、資産の購入、経営の買収など、すべての金融取引に高品質で効率的な翻訳を提供します。

コンプライアンス

翻訳の品質を確保し、コンプライアンスの目的を達成しながら訴訟のリスクを軽減することにより、多言語コンテンツ全体で関連する法律、ポリシー、規制に準拠するための措置を講じます。

独占禁止

独占禁止法の翻訳サービスと通訳サービスにより独占禁止の慣行と法律上の義務を確実に果たせるため、どの地域でも自信を持って活動でき、罰則も回避できます。

調査および情報開示

調査や電子情報開示プロセスに多言語でのコンテンツ管理をシームレスに取り入れることができます。訴訟、調査、政府の要請などに関するデータをあらゆる原文言語で分析できます。

プライバシとデータセキュリティ

インサイダー取引のリスクを軽減する場合も、一般的なデータ保護規則の違反を回避する場合でも、翻訳サプライチェーン全体にわたって、プライバシとデータセキュリティに最善方法でアプローチします。SDLの安全な翻訳プラットフォームにより、コンプライアンスとベストプラクティスを組み合わせることができます。

ソリューション

統合

SDLの安全なエンドツーエンドのワークフローには、翻訳サービス、翻訳管理テクノロジー、機械翻訳をeDiscoveryプラットフォームと組み合わせたRelativity®やRelativityOneなど、100以上のコネクタが揃っています。 
 
Microsoft Officeアドインとブラウザ拡張機能を使用してSDL Machine Translationにすぐにアクセスできるため、Officeスイートやブラウザを離れなくても、データを安全に保ちながら、分析の実行、コンプライアンスの申請、メールの照合、請求などの処理を行うことができます。
統合
サービス
テクノロジー
「私たちは、用語集リソースを作成、共有でき、翻訳済みのコンテンツの再利用がより容易で、チームでの作業の生産性と効率が高まる、専門的な翻訳ソフトウェアが必要であることをすぐに認識しました」

Marjukka Lehtinen, Translation Service Manager, Castrén & Snellman