ロードショー

SDL Trados Roadshow 2019 Autumn <大阪>
~5年後の翻訳業界を考える~

2019年10月30日(水)

2019年10月30日
14:003 時間
自国のタイムゾーンで表示する
自国のタイムゾーンを選択する
大阪(日本)
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム
Room C01

〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 
グランフロント大阪 北館 タワーC 8階  

※大阪駅直結

お客様各位 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 

10月に恒例の製品ロードショーを行うことが決定しましたので、ご案内差し上げます。

2016年にGoogle社がニューラル機械翻訳を公開して以来、産業翻訳の現場でも機械翻訳に対する関心が大きく高まりました。

その後、「ニューラル機械翻訳の基本理解」「機械翻訳を産業翻訳に適用できるかの考察」「機械翻訳が適した翻訳ジャンルの選定」「ポストエディット手順の整理」といったテーマで多くの講演がされてきました。

こうしたテーマが概ね提出され尽くした今、多くの方が興味を持っているのは現場での事例ではないかと思います。 

実際に翻訳効率がアップしているのか、どのような課題が生まれているのか、それにどのように対処しているのか、翻訳者は変化をどのように受容しているのか、といったことについて生の声が聞きたいという意見を多くいただきます。

しかし、各企業が社内のプロセスを公開して語ることには障壁がありますし、またそれを行うメリットがありません。 

そこで、もう少しハードルを下げて座談会の形式にし、現場の作業を経験している方に個人的な経験や印象を語っていただくことを思い立ちました。 

「5年後の翻訳業界を考える」というテーマを掲げ、産業翻訳の将来の姿を想像してみようと思います。どうかご期待ください。 

もちろん製品のアップデート情報や、Trados Studioを使用するうえでヒントとなるセッションも用意し、盛りだくさんの内容をお届けします。 

また、前回の大阪ロードショーに多くの方にご来場いただいたことに勇気をいただき、今回は名古屋でも開催させていただきます。

毎回、イベント終了後にいただいたアンケートをチーム全員で読み、イベントをより良くできるように、ない知恵を絞って臨んでいます。 

至らないところも多々あると思いますが、皆さまとご一緒にこのイベントを育てていきたいと考えております。 

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。 


SDLジャパン株式会社 営業ディレクター
佐藤 弦
 

<開催概要>

【名称】 SDL Trados Roadshow 2019 Autumn <大阪>  ~5年後の翻訳業界を考える~

【日時】 2019年10月30日(水) 14:00 - 17:00(13:30 開場)

【場所】 ナレッジキャピタルカンファレンスルーム Room C01

【アクセス】JR大阪駅 直結。会場はグランフロント大阪北館の8階です。タワーCへのアクセス方法(動画)はこちら

〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 タワーC 8階   

Googleマップ     

【参加費】 無料

【定員】 72 名 

【お持ち物】お名刺2枚

※打ち解けた雰囲気を演出するためにスタッフは平服にて対応させていただきます。ご了承ください。

【内容】

※詳細は随時更新してまいります。

  • 翻訳業界の最新トレンドとSDL
    (SDL Massimo Ghislandi、通訳:佐藤 弦) 
  • 5年後の翻訳業界を考える ~パネルディスカッション~ 
    (ゲストパネリスト、SDLジャパン 佐藤 弦) 
  • 製品に関する最新情報
     (SDLジャパン 市之瀬 竜、西海 保洋) 
       ■GroupShare 2020 ~Webブラウザ機能の強化~   
        -Webブラウザからのプロジェクト作成   
        -進化したOnline Editor   
        -充実したダッシュボードとレポーティング機能 
 
       ■Trados Studio 2019の最新情報 
        -追加されたファイルフィルタ(xml v2、Markdown、PhotoShop) 
        -お客様の声を反映した改善点  
        -翻訳周りの業務効率化ツール「SDL Trados Business Manager」のご紹介
  •  SDL Trados 使用のヒント  
    (SDLジャパン 土田 清貴、角倉 健太)
       ■日本語原文におけるTM基本性能の進歩
       -構文解析技術を利用したあいまい一致の精度向上
       -半角・全角文字の柔軟な識別 
 
      ■TMペナルティの利用法 
       - 各ペナルティについての説明 
       - 翻訳メモリ全体へのペナルティ 
 
      ■用語ベースの踏み込んだ活用 
       - 用語のステータス設定による効率的な訳文検証

    

名古屋・大阪・東京ともに同じ内容です。内容は事前予告なく変更されることがあります。 

【対象】 SDL製品の所有の有無に関わらず、翻訳業界と関わりがある全ての方

【申込方法】事前登録が必要です。右の登録フォームにご記入の上「登録」ボタンをクリックしてください。

【申込締切日】2019年10月28日(月)

※本セミナーに関するご質問がございましたら、下記のE-mailまたはお電話にてお問い合わせください。
Email: japanmktg@sdl.com 
SDL Trados Studio販売窓口
Tel: 03-5773-1471(平日10~12時/13~17時)

このイベントへの登録

Guest panelists
※随時更新予定

津山 逸(つやま のがる)氏

紙と鉛筆だけで仕事をしていた時代から今日に至るまで35年間、フリーランス一筋の医学翻訳者。

化学やバイオの文書も含めて多様な文書を扱い、月間15万文字の原文を英訳するのにTradosを駆使している。

NMTを下訳ツールとする仕事のスタイルも模索中。

津山 逸 氏
津山 逸 氏
ゲストパネリスト
佐藤 弦
佐藤 弦
モデレーター

Meet us in Osaka

Massimo Ghislandi
Massimo Ghislandi
Executive Vice President Translation Productivity
SDL
佐藤 弦
佐藤 弦
営業ディレクター
澤田 貴司
澤田 貴司
営業
西海 保洋
西海 保洋
営業
辻野 真平
辻野 真平
営業
角倉 健太
角倉 健太
営業
土田 清貴
土田 清貴
顧客サービス
市之瀬 竜
市之瀬 竜
ビジネスコンサルタント
小林 桃子
小林 桃子
マーケティング
35 Years of SDL