Informatica

Informatica
このケーススタディでは、Informatica社の文書チームが、従来の書籍ベースのライティングメソッドを、技術文書のXML標準であるDITA (Darwin Information Typing Architecture)とコンポーネントコンテンツ管理(CCM)システムによる、より俊敏で効率的なプロセスへといかに移行させたかについて説明します。