DTPを超えて:SDL Tridion Docsにより時間とコストを削減

デスクトップパブリッシング(DTP)は、1980年代初頭に登場し、今でも使用されています。 DTPツールは大幅に進化していますが、ワークフローは古いモデルをベースにしているため、コンテンツや訳文言語が大きく増加した場合に拡張できません。

今では、従来の制作やDTP作業を構造化された制作環境に移行することで、時間とコストを大幅に削減できます。

このeBookでは、従来の制作と構造化された制作を比較して有益な情報を提供します。 中心的となるのは、構造化された制作によるDTPの排除で実現する時間とコストの大幅な削減です。 さらに、以下に関するコスト削減効果もご紹介します。

  • コンテンツの再利用
  • 翻訳
  • パブリッシングワークフロー
  • 構造化コンテンツによるROI
  • その他のメリット