シスコ、30%コスト削減を実現。生産性も大幅向上

製品、テクニカルドキュメント、Webコンテンツなどローカリゼーションのビジネスプロセスの改革に成功

ネットワーク製品であるルータ/スイッチ類で全世界に圧倒的なシェアを持ち、各種アプリケーションを含むネットワーク活用のソリューションを積極的に展開しているシスコ。進化するネットワーク製品に関連する膨大なドキュメントの翻訳や、製品のローカリゼーションをいかに効率に行うかが急務となっていました。

2009年、米シスコ本社では、全社のローカリゼーションと翻訳作業の専門チームを発足。日本でも同チームが作られ、ローカリゼーション業務の見直しに着手しました。そのパートナーとして選ばれたのが、SDLです。製品やテクニカルドキュメント、マーケティングのブローシャーやWebコンテンツのローカリゼーションのトータルな改革を提案。ローカリゼーションのビジネスプロセスの見直しをも含むソリューションが採用されました。SDL専任スタッフとシスコ社員との共同作業や、製品テストにまで踏み込んだローカリゼーション作業など強力なパートーシップのもと、2年をかけた改革を遂行。現在では、パートナー企業へ質の高い製品情報をスピーディーに提供して導入を早めるなど、市場にあわせたローカリゼーションの成功事例として注目を集めています。

課題:大量の翻訳案件と製品のローカリゼーション。膨らむコストの見直しと質の向上が急務

ネットワーク同士を結び、データ変換を行う機器であるルータ/スイッチ市場は、IPネットワークの普及スピードに合わせて急成長し、進化を遂げてきました。昨今では、音声や動画、ビジネスデータなど多様な情報を扱うアプリケーションと連携し、製品・ソリューションは多岐にわたっています。同時に、関係するテクニカルドキュメントやWebコンテンツの翻訳・制作、アプリケーション製品のローカライズにかかる時間とコストは、年々、増大していました。

米シスコ本社ではこうした課題を解決するために、ローカリゼーションと翻訳業務を専門とする部門をつくり、発注や管理を集約して改革に着手していきました。日本でも2009年から、いち早く、ローカリゼーションの問題を解決すべく、取り組み始めました。

WW PARTNER ORGANIZATION, BMO Ops, ETSG-Japan シニアマネージャー 大西 一朗 氏は、当時の状況を次のように語ります。「シスコは製品群が非常に多いので、ドキュメントの種類が多く、量も膨大です。IP ネットワーク技術は常に進化し続けていますから、ドキュメントも更新され続けます。その量は、日本で年間およそ60万ページにも及びます。こうした大量のドキュメントの翻訳を、更新も含め、迅速に作成し、管理していく必要がありました」。また、別々の部署で個別に翻訳業務をしていたため、多数の翻訳会社に発注していました。別の部署で同じコンテンツを別々の翻訳会社に重複して発注するなどの無駄、翻訳やローカライズの優先順位が管理できていない、翻訳の用語や表現の不統一が散在するなど品質に問題があることも、改革への取り組みの中で明らかになってきました。

ソリューション:SDLとともにローカリゼーションのビジネスプロセスを全面的に見直す

製品に関する情報をトータルで捉えて、翻訳の優先順位づけや、翻訳メモリの集約、コンテンツ管理などを行うサービスは、SDL が全世界でグローバル企業に提供しているソリューションです。大量ドキュメントの作成・更新、製品ローカリゼーションのプロセスを見直し、スピードを高め、コストを削減します。さらに限られた予算の中でより多くのドキュメントやWebコンテンツを翻訳できるように予算の最適化も行うなど、SDL が提案するソリューションは、シスコが求める改革に、まさに合致していました。「ローカリゼーションは製品にとって非常に重要であり、選別されたレベルの高いパートナーと行うべきだと考え、本社に対して提案、啓蒙活動を行いました。SDL を選んだのは、翻訳するだけでなく、情報のフローを見直し、コンテンツの更新管理までトータルなソリューションサービスやビジネスプロセス改革まで提供できること、既にグローバル企業で実績を持っていることが決め手でした」と大西氏は語ります。また、製品の検証を含めたローカリゼーションが可能と、技術面に強いことも魅力だったといいます。

契約締結後は、SDLスタッフがシスコ社員と共同して、ローカリゼーションに必要な業務の洗い出し、プロセスの見直しを進めました。製品群やそれらの位置付け、市場性を理解した上で、ローカリゼーションの新たな業務フローを作り上げていきました。また、SDL スタッフが、シスコ米国本社開発部門と直接やり取りをしてソースデータを入手して進めるなど、作業スピードも向上。翻訳メモリーの集約など、製品ごとに散在する用語や表現を統一するための作業も同時に進められました。

新しいローカリゼーションプロセスでは、製品の検証による品質向上に力を入れたことも特徴的です。「製品の知識を持っていないと、製品の検証や翻訳のチェックができません。そこでプロジェクトスタート後、シスコのエンジニアを派遣して、SDLスタッフに製品の説明をしながら、テスティングやローカライズ作業も進めました。従来の翻訳の発注方法とはまったく違った、ユニークな取り組みだといえるでしょう」とシスコ担当者は語ります。IPネットワーク製品では、常に進化して仕様が変わるので、進化に対する柔軟な対応も重要でした。

「製品を出荷する前の段階からローカライズとともにテストを行えれば、製品の市場投入期間を短縮することができるだけでなく、結果的に製品の質が高くなります。問い合わせが減ったことも大きな効果です。また、システムに必要なテクニカルドキュメントがスピーディーに発行されているので、パートナー企業がお客様へ導入するための期間を短縮できました。従来の半分以下の期間でシステムを導入いただけ、お互いの売上増にもつながっています」と、シスコ担当者は語ります。SDLスタッフが、直接、社内他部門の担当者と確認し、シスコスタッフの時間と手間を削減しながら、スピードアップと品質向上を実現させていきました。

「テクニカルドキュメントにおいても、それまで手つかずとなっていたコンテンツ管理の検討など、段階にあわせたきめ細かい、プロフェッショナルな仕事の進め方に助けられました」とシスコ担当者は付け加えます。

メリット:ドキュメント発行のスピードアップと質の向上が製品の強みに

翻訳すべきドキュメントコンテンツのトータルな管理作業も、SDL がシスコと一体となって優先順位づけ、翻訳作業とチェックなどを進めていくようになり、発行までのスピードが上がりました。従来のような担当者が個々に翻訳案件の発注をするといった事務手続きの無駄がなくなり、時間とコストは大幅に削減できました。翻訳メモリーの集約と活用により、用語や表現も統一されていき、翻訳品質とともにブランドの一貫性が向上しました。

翻訳品質の向上は、ビジネスの改善にもつながっていきました。「さまざまなドキュメントの質が上がったために、われわれの製品に対する習熟度が上がりました。以前よりも、お問い合わせに対して的確にお答えできるようになったのです。さらに、日本語化されたドキュメントが、きちんと用意されていること。これは市場での強みとなり、パートナー企業からの信頼を高めました」とシスコ担当者は説明します。今後、さらに日本市場で成長が予想されている、IP ネットワークを利用した音声電話やアプリケーション連携分野についても、充実したドキュメントやWebコンテンツが売上を伸ばしていくと期待しています。

また、効率的なローカリゼーションの工程管理を実現する、翻訳管理システム(SDL Translation Management Systems)を導入するなど、SDL の最高品質のランゲージサービスとランゲージテクノロジーを組み合わせることで、更なる「コストの削減・時間の短縮・品質の向上」の実現に期待しています。

日本のエンタープライズ トランスレーション サービス グループによる2年間の取り組みは、社内だけでなく、シスコ本社でも評価されました。多言語の中でも複雑だと言われる日本語について、ローカリゼーションのプロセス改革を成功させた事例は大きな注目を集めています。日本と同様にアプリケーション製品の成長が期待される中国、韓国においては、今後、日本で作ったローカリゼーションの仕組み、プロセスを適用させていく計画が進んでいます。

「ローカリゼーション改革で成果を上げ、費用対効果や顧客満足度の調査からも、数字につながってきています。市場に合わせて製品をきめ細かく展開していくための取り組みは、まだ始まったばかりだと認識しています。SDL が先進的なグローバル企業とともに培ったノウハウを元に、さらに先をゆく提案をしてくれることを期待しています」と大西氏。多言語化への展開も前提とした製品のローカリゼーション、テクニカルドキュメント、マーケティングコンテンツへの取り組みへと進化させていく構えです。