Live Chat

コンテンツの5つの未来予測

未来はもう現実に

「コンテンツの5つの未来予測」では、2018年に注目すべき、コンテンツの破壊的なトレンドについて説明します。 

人工知能(AI)と機械学習(ML)は、コンテンツに関する機能の中では競合他社より優位に立つための最も強力なツール、グローバルユーザーの要望に応える手段となり、セキュリティとコンプライアンスに関しても重要な鍵となるでしょう。 

コンテンツはあらゆるカスタマージャーニーの中心にあり、企業におけるコンテンツの重要性は新たな次元に達しています。 未来はもう現実のものとなっています。

1. コンテンツの自動作成

世界に知られる物理学者Stephen Hawking氏は著書『The Grand Design』(ホーキング、宇宙と人間を語る)の中で、「宇宙は無から自らを創造できる」という説を唱えています。

コンテンツにも同じことが言えるのでしょうか? 

2018年、AIとMLの画期的な進化により、事業全般にわたる多様なリポジトリに自動的に保存される情報から、細かく調整されたコンテンツを生成できるようになります。これにより、真の意味で顧客ごとに個別化されたエクスペリエンスの提供が実現するでしょう。

2. コンテンツの自動管理

あらゆる自社コンテンツのタクソノミー作成に機械学習が導入され、次のようなさまざまな用途に活用されるようになるでしょう。

  • より的確な検索を可能にするための、要約の作成やタグ付け。
  • メタデータの改良。
  • SEOの最適化。
  • 社内の他のシステムから既存コンテンツを検出。 

これにより、過去に投資したコンテンツ作成作業の再利用と収益化を最大限にできるほか、デジタルエクスペリエンスの新たな分野を開拓できます。

3. コンテンツのアジャイル化

コンテンツの作成と管理は今後AIによって加速し、そのまま機械で処理できる構造や形式を持ったコンテンツが求められるようになります。 

連続性のあるグローバル運用モデルの採用が企業の間で進み、グローバルコンテンツやローカリゼーション部門強化の一環としてAIやMLの機能も導入されます。 

そうした機能に制作ツールや機械翻訳も含まれ、魅力的なコンテンツを、変化の速い社会に対応できる規模とスピードで作成・配信できるようになるでしょう。

4. コンテンツは最強の営業力

企業の営業活動ではすでに、単に販売するというよりコンテンツ作成に重心が移りつつあります。 

営業担当者が見込み客との対話に費やす時間が1日の3分の1に留まるのに対し、コンテンツの情報発信は途絶えることがありません。 

コンテンツの作成、翻訳、管理、配信は、営業チームの動機付けやトレーニングと同等の重要性を持つようになります。 販売用コンテンツも、従来のマーケティング素材の範疇を超え、今日の顧客が求めている詳細な製品情報へと広がっていくでしょう。

5. コンテンツのセキュリティが重要

EUの一般データ保護規則(GDPR)など今後の規制により、企業には顧客情報の厳格な管理が義務付けられ、透明性や監査証跡、データ保管に関する規定の順守が求められます。 

これに対し、欧州域外の企業の対応はまだ十分とは言えません。 GDPRを遵守していないことにより、大手企業に収益の最大4%の制裁金がすぐに課されるケースもあるのではと予測しています。 

2018年には、膨大なデータの管理とセキュリティ確保の手段としてオンプレミスのMLテクノロジーが注目され、コンテンツサプライチェーンの翻訳、解析、自動化への活用が進むでしょう。

お問い合わせ

SDLによるお客様のデータの管理方法につきましては、プライバシーポリシーおよび右記のアイコンの説明をご覧ください。 お客様の個人情報は、お客様に関連する製品やサービスについての情報提供のみを目的として利用されます。SDLは、お客様の個人情報の処理に関するデータ処理契約書に署名した欧州内外の第三者のサービスを利用しています。個人情報を入力することで、SDLによるお客様の個人情報の利用およびプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。