インテリジェント翻訳の時代へようこそ

コンテンツ量が急増している現在、人間主導型の翻訳プロセスにおいて一番の問題は、人間に頼りすぎていることです。コストやスケジュールの限界を考えると、企業が大半のコンテンツを翻訳しないのは当然の成り行きです。インテリジェント翻訳の時代へようこそ。機械を中心に据えて人間が最適化するモデルは、以下を実現します。 

  • すべてのコンテンツをあらゆる人を対象に、あらゆる言語で翻訳することで、オムニ市場の一員になれます。これは、グローバル化の概念を再定義するということです。 
  • 未来のコンテンツサプライチェーンでリンギストが果たす重要な役割を理解できます。 
  • 優れた翻訳テクノロジーと言語処理AIを有効利用し、コンテンツの分析、パターンの認識、コンテンツからの情報把握、コンテンツの整理・組み合わせ、必要なコンテンツの翻訳が可能になります。

このビデオは英語版です

インテリジェント翻訳の時代の定義

コンテンツ需要は増加の一途をたどり、その量は人間だけで翻訳できるコンテンツの限界をはるかに上回っています。もはや、悠長にグローバル化を進めている場合ではありません。翻訳をスピードアップさせ、今すぐグローバル化に対応する必要があります。
Connected Content and Translation Management

コンテンツ管理と翻訳管理の連携

Machine-first, human-optimized

機械が中心、人間が最適化

Continuously updated multilingual content

多言語コンテンツを継続的に更新

Data-driven analysis

データ主導の分析

Immediate and top-quality

迅速かつ高品質

その他のリソース

SDL Language Cloudの概要

将来のコンテンツ課題に対応できるように構築された次世代のインテリジェント翻訳ソリューションに関するパンフレットをご用意しています。ダウンロードして詳細をご確認ください。

ブログ投稿

インテリジェント翻訳の時代、そして高い目標を持つブランドがグローバル化からオムニ市場への参入へと移行するためのヒントについて、SDLのMarcus Hearneがご紹介します。