SDLとの連携でGCOMの可能性を発掘

コンテンツをグローバル規模で戦略的に管理

SDLのグローバルコンテンツ運用モデル(GCOM)は、魅力的なデジタルエクスペリエンスを提供するための5つの要素で構成されます。SDLは、プロセス、テクノロジー、人事、戦略推進、コンテンツ投入・成果に着目してグローバルコンテンツ運用モデルを使用し、すべての要素の改善と調整を促します。

プロセス

制作から翻訳、パブリッシングに至るプロセスを評価し、完成度を高めます。

テクノロジー

コンテンツ制作、翻訳管理、コンテンツ管理、配信に最適なアプローチを採用します。

人事

社内対応、外部委託、地域的分配で、作業の重複をなくします。

戦略

コンテンツ投資に合わせて戦略を立てます。

コンテンツ

ブランド、料金、技術、運用、地域などの面から評価します。
複数言語が関わるグローバルコンテンツをチャネル横断で管理する

GCOM評価でグローバル目標の達成をサポート

オリエンテーション

オリエンテーションでは、企業やコンテンツで重視されている分野、地理的な対応範囲、カスタマージャーニーで最も考慮されている点を把握します。

発見

コンテンツ戦略、人、プロセス、テクノロジーに着目して組織を詳細に調査します。ベストプラクティスを適用できる部分を特定し、クラス最高の運用との差を分析します。

ソリューション

最高の価値、円滑に変化できる能力、既存資産の最大限の活用を企業にもたらすソリューションを全段階に導入します。

今すぐ登録

SDLはお客様のグローバル目標達成をサポートいたします。以下のフォームに必要事項を入力し、御社に関する簡単な質問にお答えください。

SDLによるお客様のデータの管理方法につきましては、プライバシーポリシーおよび右記のアイコンの説明をご覧ください。 お客様の個人情報は、お客様に関連する製品やサービスについての情報提供のみを目的として利用されます。SDLは、お客様の個人情報の処理に関するデータ処理契約書に署名した欧州内外の第三者のサービスを利用しています。個人情報を入力することで、SDLによるお客様の個人情報の利用およびプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。