2013年にSDLに入社し、新設されたばかりのグローバルなHuman Resources部門の主任を務めました。 

有能なHRチームを編成し、全社にわたって優れた人事基盤を築いた後、SDLのビジネス戦略をサポートし、それに対して情報提供を行う人員戦略をチームと共に作成しました。SDLの人材戦略は、リーダーシップ、従業員の成長、評価、連携、従業員体験という5つの柱で構成されています。これらの柱に一貫して取り組むことで、SDLは業界内で選ばれる雇用主として評価されるよう努めています。 

Temperleyは他の経営陣と協力し、SDLの持続可能性アプローチも主導しており、特に多様性と一体性、企業の社会的責任、文化を重視しています。 

SDL入社以前は、Credit Suisse、SAP、Peoplesoft、Unisys、XeroxでHR部門の上級主任を務めました。 

ダンディー大学で心理学の文学修士号(優等学位)を取得しています。趣味は乗馬とスキーで、ラグビースコットランド代表のサポーターです。