Fallonは、初期の大規模企業向け翻訳管理システムのイノベーターであるIdiom Technologiesの買収後、2008年にSDLに入社し、現在はSDLのグローバルクライアントサービス(GCS)を率いています。 

Fallonのリーダーシップの下、GCSは顧客がSDLの豊富なソフトウェアソリューションを導入して価値を引き出せるようにするための戦略を策定し、その実施を進めています。Professional Services、Customer Support、Cloud Operations、Training Services、Renewals、Voice of Customerチームを監督し、顧客の満足度と成功を後押ししています。GCS組織に共通するのは、顧客関係を深め、顧客維持を高め、満足度とロイヤルティを促進するという特徴です。 

Idiom Technologiesでマーケティングと顧客開発の責任者を務め、それ以前は、2005年にOracleに買収された大規模企業向けコンテンツ統合テクノロジープロバイダーであるContext MediaでVice Presidentを務めていました。 

SDLでの在職期間中、B2Bソフトウェア/SaaSに関する幅広い経歴を顧客対応、マーケティング、業務などの一連の発展的な任務に活かし、将来を見据えたリーダーシップおよびコラボレーションと顧客中心主義への情熱によって、SDLのお客様とパートナーに最高級の体験を提供しています。 

マイアミ大学の組織開発部で修士号、アメリカン大学で哲学の文学士号を取得しています。FallonはSDL基金の理事でもあります。