Alexandra Jarvisは2017年SDLに入社し、当初は企業戦略、買収、投資家向けコミュニケーションを担当していました。2020年5月から、コーポレートマーケティングとコミュニケーションも担当するようになり、エグゼクティブチームに加わりました。 

会社全体を対象に活動し、長期の戦略的プランや価値創造戦略を構築しているほか、毎年、SDLの業務執行チームと密に連携して1年の重要な戦略目標を策定しています。そのため、商業的発展やポートフォリオ開発、運営、財務分析など、ビジネスの多くの側面に関わっています。有機的成長プランを補うために、買収戦略を推進しており、2018年にはDonnelley Language Solutionsの買収で陣頭指揮をとりました。2020年5月からは、デジタルエクスペリエンスなどのコーポレートマーケティングと、投資家向け情報や従業員関係、PRを含むコーポレートコミュニケーション全体を担当しています。 

SDL入社以前は、英国に拠点を置く投資銀行Peel Hunt LLPのパートナーとして、テクノロジー部門のシニア株式アナリストとして活動していました。この職務を16年間担当し、テクノロジーサブセクター全般の企業戦略、評価と価値創造、公開市場取引において非常に有意義な経験を積みました。 

オックスフォード大学で現代語学のMAを取得しています。