Live Chat

相互理解の実現

SDLは、言語とコンテンツ管理サービスのグローバルリーダーであり、イノベーターです。 この分野で25年以上の実績を持つSDLは、人間の専門性と機械学習テクノロジーにより強化された、コンテンツの最適化と微妙なニュアンスに細かく配慮したデジタルエクスペリエンスを通じて、世界中の顧客にビジネスの飛躍的な成長を実現します。 

現在SDLは、相互理解を実現する関連性の高いパーソナライズされたコンテンツの作成と配信を支援することで、企業が有意義なデジタルジャーニーを形成し、グローバルな顧客と重要な感情的つながりを生み出すことを可能にしています。 複数の世界最大手ブランドがデジタルコンテンツ管理と翻訳においてSDLの専門性を信頼し、グローバルブランド上位100社のうち78社がコンテンツ作成、翻訳、配信のためにSDLと連携しています。 

そして、これは始まりに過ぎません。

相互理解の時代

SDLの中核を成すのは、常に言語とコンテンツです。それらは人間のコミュニケーションと表現の中心にあります。 情報は正しく伝達され、理解されなければ意味がありません。 企業がその顧客を理解し、情報を意味のあるコンテンツとインタラクションに変えるほど、顧客はブランドをより理解します。 人間とデジタルの世界の境界が曖昧になるにつれ、企業は増加するコンテンツをどのように管理して、ブランドを提示し、デジタルエクスペリエンスを構築するのでしょうか。  SDLはこの複雑な状況を乗り切り、コンテンツの難問を克服して、よりパーソナルな関連性のある方法で理解可能な情報を提供するお手伝いをします。  

相互理解(Age of Understanding;AoL)の時代へようこそ。

グローバルコンテンツ運用モデル

SDLは、デジタルテクノロジーと人間の専門性を有効活用することで、組織がより有意義なグローバルコンテンツを作成できるように全力でサポートしています。  これに、SDLのグローバルコンテンツの作成、翻訳および配信の管理に対する包括的な戦略アプローチを組み合わせたものが、SDLのグローバルコンテンツ運用モデル(GCOM)です。 グローバルコンテンツ運用モデルに従うことで、組織はコンテンツをより理解した上で、アドホックなものから自律的なコンテンツ作成と配信まで、コンテンツサプライチェーンを成熟させ、人、プロセス、テクノロジーを戦略に合わせて、相互理解を実現することができます。 

 

 

世界中のSDLオフィス

経営陣

SDLのエグゼクティブチームと取締役会は、豊富な経験に基づいてSDLの日々の管理に取り組んでおり、顧客とともに成長し、株主に価値を創造すると同時に、従業員に魅力的な機会を提供する、SDLの能力強化に重点を置いています。

採用

SDLでは、すべての職務が世界的な影響力を持っており、多くの企業がそれぞれの顧客と関連性の高いパーソナライズされたつながりを形成することでグローバルな影響力を持つお手伝いをしてきました。 言語とコンテンツ管理の世界的リーダーであるSDLで仕事をし、この影響力の一部となれる機会についてご確認ください。