Live Chat

SDL MultiTerm

用語の信頼性と品質を管理

SDL MultiTermを使用して、すべてのコンテンツ、言語、チャネルを通じてグローバルブランドを効果的に管理しましょう。 用語集を保管して管理し、エンジニア、マーケティング担当者、翻訳者、用語担当者など、用語集の使用に関わる全員と共有すると、原文から訳文まで、一貫して高い品質を保つことができます。

SDL MultiTerm 2017がリリースされました!

SDL MultiTerm 2017では、従来同様に包括的な用語集ソリューションを提供します。 用語認識機能の強化に加え、繰り返し作業の時間短縮と生産性の向上を
実現します。これらすべての機能を、よりシンプルなユーザー環境から実行できます。

グローバルブランドを
管理

すべての言語、コンテンツ所有者、翻訳者を対象とした一元管理された1つの用語の「戦略」を活用して、グローバル
ブランドの意図を守ります。

多言語コンテンツの品質向上

最新の用語ツール、カスタマイズ可能な辞書、用語集と、同梱の品質管理機能を使用して、組織全体で一貫性を保ちます。

生産性を向上

すべての言語や翻訳プロジェクトについて、ブランド、用語、スタイルのガイドラインをすばやく検索、参照、適用できる優れた用語集ソフトウェアを使うことで、作業を効率よく進めることが
できます。

用語集管理

デフォルト設定のまま使用可能な、業界をリードする用語集管理ツールを使って、企業用語集を作成、編集、管理できます。 MultiTerm DesktopをSDL Trados Studioや、SDLランゲージプラットフォームのその他のツールと併用すると、パフォーマンスがさらに向上します。

リアルタイムの検索機能

文章を読んでいるとき、書いている
とき、翻訳しているときでも、リアルタイムに単語やフレーズの意味、訳、承認済みスタイルを簡単に確認できます。

設定のカスタマイズと
復元

複数の用語集環境向けに設定をカスタ
マイズして保存し、後でワンクリックで再利用できます。

拡張性と統合

複数の用語集を作成して、SDL Trados Studio、SDL Trados GroupShare、SDL Passolo、SDL WorldServerなどのSDLランゲージ
プラットフォームソリューション内で
アクセスできます。

用語集を共有

自分やチームに関連する用語集に、いつでも同じ場所からアクセスできます。 翻訳者とコンテンツ制作者は、どこからでも最新の用語集を参照できます。

SDL Trados GroupShareで用語集を共有するメリット

離れた場所のチームにも
瞬時にアクセス

SDL Trados GroupShareまたはSDL WorldServerと組み合わせると、翻訳
チームは用語集に簡単にアクセスでき、グループのメリットを最大限に活用できます。

アクセス権の管理

常に管理された状態を保てます。必要に応じて、適切なユーザーに用語ベースの適切なアクセス権を付与できます。

他にはないチーム連携

SDL MultiTermの用語集は、用語の利用に関心のある誰とでも共有できます。SDL MultiTerm Workflowでは、翻訳チームに属さないユーザーとも共有できます。

用語集ライフサイクル管理

組織全体が、包括的な用語データベースの作成に参加できます。

用語集の利用を翻訳部署以外にも広げて、実践的で迅速かつ簡単な方法で用語データベースのアクセス権を提供できます。

用語集の作成管理

変更リクエストをリアルタイムに管理
します。 用語集の作成や修正に関する
リクエストに、社内のどこからでも対応できます。

プロセスを自動化

用語のリクエスト、変更、定義、投票、承認、翻訳といった用語集管理作業の
スピードを高め、簡素化できます。

用語集ユーザーに対応

用語集を簡単にアクセスでき、理解でき、使用できるものにします。ユーザーのニーズを重視し、あらゆる用語ベースに簡単にアクセスできるようにします。

翻訳者の質問を利用

SDL smartQueryは、質問を効果的に管理し再利用できるように取り込みます。その情報は、統合されたワークフローソリューションを通じて翻訳資産として活用したり、関係者が最新の情報を共有するために使用できます。

完全なレビュープロセスを構築

SDL globalReviewを使用すると、翻訳者、レビュアー、マネージャが、一元管理された統合レビュープラットフォームを介して効果的に共同作業できます。 高度なサンプル機能や解析機能を通じて品質評価の効率性と客観性が向上します。

チャットでお問い合わせ

カスタマーエクスペリエンスチームとオンラインで話しながら、SDL MultiTermの詳細をご確認ください。