Live Chat

新しいソフトウェアを万全な状態でローンチ

ローカリゼーションエンジニアリングサービスとテストサービスを通じてソフトウェアのグローバル展開を支援

顧客がソフトウェアに求めているのは、自分の母語で、バグや欠陥がなく動作することです。 SDLのソフトウェアローカリゼーション/テスト担当チームが、貴社のソフトウェアが国際基準を満たしたコードで正しくローカライズされているか、UIがあらゆるプラットフォームやデバイスでテスト済みかの確認を支援します。

不具合やバグをシャットアウト

広範なローカリゼーションに適したソフトウェアコードの開発を支援します。

ローカリゼーション管理を効率化

事前にソースファイルを分析し、プロセスを自動化します。

優れたユーザー体験を提供

ソフトウェア製品のグローバル展開をスムーズかつ正確に進めます。

国際化に関するコンサルティング

国際化に関するSDLの専門性を利用して、ソフトウェアコードがローカリゼーションに適していることをご確認ください。 日時の表示、計測システム、数値の形式、通貨など、ローカリゼーションにおいて発生し得る問題を未然に防ぎ、製品のグローバル展開を促進します。 SDLのエキスパートが国際化戦略を立て、目標達成に最適なツールや手法をご提案し、グローバル展開の推進をサポートします。

ローカリゼーションエンジニアリング

SDLの文化に対する専門知識とソフトウェアに対する深い理解力を利用して、複雑なローカリゼーションプロジェクトを一元管理し、ポートフォリオ全体で精度を高めることが可能です。 SDLのローカリゼーションエンジニアリングチームは、あらゆるファイル形式の翻訳可能なコンテンツを評価、抽出、再統合します。 お客様には、弊社独自のプロセスを通じ、お近くのリードローカリゼーションエンジニアと作業を進めていただきます。リードローカリゼーションエンジニアは、SDLの国際的研究拠点の大規模なエンジニアリングチームと連携しています。

テストと品質保証

製品の機能面と言語面の精度をテストすることで、ソフトウェアのグローバル展開を安心して実現することができます。 SDLの社内リンギストとテストラボは、グローバルWebサイト、モバイル製品、デスクトップ製品の包括的な多言語翻訳サービスを補完するテスト戦略を貴社の状況にそって、あらゆる言語、オペレーティングシステム、ブラウザ、デバイスに対して確実に実行します。
詳細はこちら

国際化のテスト

ローカリゼーションを開始する前に、効率低下の原因となる障壁を特定し、あらゆる言語においてバグ修正の発生リスクを回避します。

機能のテスト

お客様のソフトウェアが顧客のニーズやビジネス要件を満たしていることを確認します。

言語的なテスト

翻訳した製品のコンテキストと言語の適合性を確認します。