Live Chat
ストラクチャードコンテンツ管理

ストラクチャードコンテンツ管理

世界中どこでも、あらゆる言語で、あらゆるデバイスに、質の高い技術文書やサポートコンテンツを提供できます。

SCT-modular-content

モジュール形式のコンテンツ

SDL Knowledge Centerは、あらゆる言語、あらゆるモジュール形式のコンテンツを保存、整理、管理する、組み込みのコンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)がベースになっているため、コンテンツの再利用や共有、フィルタリングが容易で、すべての適切なチャネルに提供できます。

独自にDITAを標準サポートしているため、コンテンツ開発コストを30~50%削減しながら、ブランドに悪影響を及ぼす不統一を回避することができます。

高度なバージョン管理機能

市場への製品リリースの情報追跡を可能にする強力な視覚化ツール、Baseline Managerによって、情報開発者は、ステータスごとの並べ替え、トピック、マップ、グラフィックなどさまざまなデータの更新版の表示、新旧パブリケーケーションの比較による更新の確認や情報の共有を容易に行えます。

SCT-advanced-versioning

XMLオーサリングツールとの統合

SDL Knowledge Centerは、JustSystems XMetaL、PTC Arbortext、oXygenと密接に連携し、オーサリング工程をシームレスに統合します。 また、デスクトップベース、サーバーベースのコンテンツ作成プロセス全般で、コンテンツの品質保証機能をAcrolinxと同期させることができます。


SCT-automated-publishing

自動パブリッシング

Publication Managerによってマルチチャネルに同時配信することができます。 リード情報開発者向けに設計された高度なダッシュボードが、最終成果物の各種コンポーネントすべての関係を監視します。

コンテンツバリエーション管理のサポート

Condition Managerは、DITAの標準条件の枠を越えました。 SDL Knowledge Centerの条件設定は、オプションの特殊な機能です。情報開発者は、整合性の維持に頭を痛めることなく、いくつもの条件を組み合わせて、より複雑な条件付き処理を組み込んだコンテンツを開発できます。

ストラクチャードコンテンツ管理の主な特長

  • DITAの標準サポート 
  • パブリッシングに役立つDITA Open Toolkitの統合 
  • オーサリングツールとの密接な連携 
  • マルチチャネルへの同時配信 
  • 強力なバージョンコントロール 
  • 複雑なコンテンツバリエーション管理のサポート 
  • 多言語でのコンテンツ管理

次のステップ


コンテンツ管理の構成についてはお気軽にご相談ください。

Eメールまたはコンタクトフォームからお問い合わせください。担当よりご連絡いたします。

まずは情報収集したいという方は、 SDL Knowledge Centerの詳細をご覧いただき、内容をご確認ください。