Live Chat
ローカリゼーション

ローカリゼーション

ストラクチャードコンテンツテクノロジと優れたローカリゼーションテクノロジを活用することで、翻訳ワード数を削減し、高コストなDTP(デスクトップパブリッシング)を排除することができます。

翻訳管理機能の統合

SDL Knowledge CenterがローカリゼーションのROIで業界をリードしているのは、多言語コンテンツに対応した高度な管理機能を備えているためです。 SDL WorldServerSDL TMSを直接統合することで、パブリケーションの翻訳へのハンドオフがまさにボタンを1回押すだけの手軽さになります。 DITA XMLは、SDL Trados Studioをはじめとしたすべての主要なSDL翻訳テクノロジでサポートされており、SDL Language Services(翻訳サービス)スタッフは、こうしたコンテンツにもテクノロジにも精通しています。 技術文書とサポートコンテンツの翻訳管理に関して、これ以上優れた方法はありません。

KC-localization-translation-management-integration

マルチメディアの翻訳

SDL Knowledge Centerでは、コンテンツ制作者は、内蔵の画像言語検出機能によって、保存されたマルチメディア資産に対して1つだけリンクを作成するだけで、全言語で機能させることができます。 また、既存のコンテンツをビデオの字幕として簡単に再利用でき、機械翻訳や、既存の翻訳プロセスに送ることもできます。

翻訳の自動的な再利用

ソースコンテンツを広範囲にわたって再利用することで、デスクトップパブリッシング(DTP)のコストを排除し、ローカリゼーションの費用を削減してROIを大幅に向上させることができます。 SDL Knowledge Centerは、グローバル一意識別子(GUID)と翻訳追跡機能の組み合わせによって、前回の翻訳からソースコンテンツに変更がない場合に、翻訳版のコンテンツを新たに作成しないようにすることができます。

機械翻訳との統合

SDL Knowledge Centerは、クラウドベースの機械翻訳ソリューションであるSDL BeGlobalを標準サポートしているため、顧客はすべてのコンテンツに母語でアクセスでき、サポート体験が向上します。 自動的にテクニカルサポートコンテンツと顧客からの直接のフィードバックを翻訳します。

翻訳の追跡

高度な翻訳管理ソフトウェアにアクセスできなくても、 問題ありません。 DITAコンテンツは簡単にエクスポートして翻訳会社へ送信できます。 同様に、完成した翻訳のインポートも簡単です。 SDL Knowledge Centerは、翻訳中のコンテンツのステータスおよび翻訳対象の言語を追跡できるほか、翻訳がインポートされ次第、適切なパブリケーションを更新します。

ローカリゼーションの主な特長

  • すべてのトピックにグローバル一意識別子(GUID)を割り当て 
  • トピックおよびパブリケーションの翻訳ステータスを追跡 
  • パブリケーションの翻訳管理のためのSDL WorldServerおよびSDL TMSの容易な統合 
  • SDL BeGlobalによるオンデマンド翻訳をサポート 
  • 手作業による翻訳を目的としたDITAコンテンツのエクスポート/インポートが容易

次のステップ


コンテンツ管理の構造化についてはお気軽にご相談ください。

Eメールまたはコンタクトフォームからお問い合わせください。担当よりご連絡いたします。

まずは情報収集したいという方は、 SDL Knowledge Centerの詳細をご覧いただき、内容をご確認ください。