Live Chat
共同作業によるレビュー

共同作業によるレビュー

技術文書、サポートコンテンツの共同作業によるレビュー、コンテンツ作成のすべてを一変させることができます

Collaborative-Review-streamlined-edits

編集とレビューの効率化

SDL Knowledge Centerでは、ストラクチャードコンテンツの共同レビューや、共同編集が新たに見直されています。 これにより、PDFに注釈をつけるような、エラーが発生しやすくコンテンツ開発プロセスを遅らせる従来のレビュー方法から脱却することができます。 コンテンツの制作者と専門知識を持つエキスパート(SME)が1つの管理された環境下で協力し、管理された形式でレビューを行います。 

フィードバックは常にストラクチャードコンテンツ内で管理されているため、制作者とSMEは変更に対して素早くコメントを追加・編集でき、レビューサイクルを短縮できます。 専門知識を持つエキスパートがDITAの複雑さに触れることは決してありません。コンテンツ所有者はどの編集を承認するか決定できます。すべてのバージョンと改訂がサポートされるため、すべての変更内容を追跡できます。

コメント入力フレームワーク

コメント入力フレームワークにより、コンテンツ制作者は、1つの管理された環境で、SMEと直接共同作業を行うことができます。 コメントはDITAトピック上で直接入力することができ、常にトピック内で管理されるため、制作者とレビュアー間のフィードバックが失われることがなくなり、誰もが最新のコンテンツをレビューできます。 また、各コメントのステータスを追跡して、承認する際に役立てることができます。スレッド上でレビュアー同士で議論できるため、コンテンツ所有者が議論の仲裁をする必要がありません。


Collaborative-Review-commenting-framework

直感的なWYSIWYG編集

SDL Knowledge Centerでは、ストラクチャードコンテンツの知識がなくても、簡単に編集することができます。 コンテンツの最終的な仕上がりを確認しながら編集できるWYSIWYGビューと直感的なリボンツールバーによって、ストラクチャードオーサリングが誰にとってもかつてないほど簡単に、わかりやすくなります。 コンテンツ制作者は、DITAやストラクチャードコンテンツの知識がなくても、マルチメディアビデオや画像の挿入、参照による他のコンテンツの効率的な再利用、重要なメタデータの変更を簡単に行えます。


Collaborative-Review-WYSIWYG

一貫した構造

複数の協力者、編集者、制作者が同じコンテンツに並行して関わる場合、一貫性の維持が難しくなります。 DITAが役に立ちますが、適切なツールがないことも多く、こうした過程で構造が壊れ、コンテンツが失われたり適切にパブリッシュされなかったりする場合があります。 事前検証で、適切なタグや情報アーキテクチャをすべて維持することによって、コンテンツの構造の崩れが起きないようにすることができます。

優れたコピー&ペースト機能

WordやEメールからコンテンツをコピーすることがまだありますか? SDL Knowledge Centerでは、構造化されたドキュメント内のさまざまな情報を維持しながら、コンテンツを簡単にコピー&ペーストすることができます。ソースが構造化されているかどうかは問いません。 コンテンツもトピックの一貫した構造もともに維持しながら、コンテンツを簡単に構造化ドキュメントへ挿入できます。

共同作業によるレビューの主な特長

  • DITAの標準サポート 
  • ブラウザ内に組み込まれたWYSIWYG XMLエディタ 
  • 構造化文書と非構造化文書間での容易なコピー&ペースト 
  • コメントの同期 
  • スレッド上での対話とレビュー状況の確認

次のステップ

コンテンツ管理の構造化についてはお気軽にご相談ください。

Eメールまたはコンタクトフォームからお問い合わせください。担当よりご連絡いたします。

まずは情報収集したいという方は、 SDL Knowledge Centerの詳細をご覧いただき、内容をご確認ください。