Live Chat

世界中の顧客とつながる

今日のグローバル組織にとってコンテンツ翻訳は不可欠の作業ですが、その一方で、翻訳プロセスはオンラインコンテンツの配信に使用するプラットフォームとは別に管理されることが少なくありません。 

SDL Webの導入により、翻訳および翻訳済みのコンテンツをウェブ制作環境で直接管理できるため、これまで以上に迅速に、あらゆる言語で顧客に対応できます。

ボタンをクリックして簡単に翻訳

SDLの翻訳管理ソリューションと直接連携するため、翻訳サポート機能を利用できます。 コンテンツ制作者は、レビュープロセスと承認のサポートを備えた翻訳プロセスを通じてコンテンツを送信できます。 

SDL Webでは、翻訳済みコンテンツが自動的に適切な場所に保存され、翻訳作業や多言語のオンラインコンテンツプロセスの大幅な効率化が可能になります。 「コピー&ペースト」操作も必要ありません。

メリット

  • 業界をリードするSDLの翻訳ソリューションによる翻訳コストの低減
  • 検索戦略のローカリゼーションによるSEO最適化
  • 翻訳ワークフローとレビューを通じたプロセスの高速化
  • 翻訳メモリによる翻訳の再利用とコスト削減
  • 動的コンテンツ向けの機械翻訳(オプション)

特長

翻訳ワークフローへの組み込み

翻訳作業中でもウェブ編集者が編集やレビューを進められる翻訳ワークフローを構成できます。 

翻訳者は、コンテンツをコンテキストに沿ってプレビューできます。 翻訳済みのコンテンツがどのように使用されるのかを確認できるため、更新や変更の必要性が少ない高品質の翻訳を実現できます。

翻訳メモリの活用

SDL Webでは、コンテンツをコンポーネント化して活用するため、ページ全体ではなく新規の翻訳対象コンテンツのみを送信します。 

ソースコンテンツの更新 翻訳を通じてコンテンツを返却し、翻訳メモリを使用して変更箇所のみを翻訳します。

翻訳の再利用の自動化

SDL Webではコンテンツを階層に保存しているため、コンテンツがすべてのチャネルに自動的に転送され、翻訳済みコンテンツの追加や更新を同時に行うことができます。 

この翻訳済みコンテンツは、言語を共有するすべてのサイトやデジタルチャネルで再利用できます。

市場内の顧客への関連性を高める

SDL Webでは、翻訳の枠を超えて、コンテンツをローカライズして適切に市場に出したり、方言ごとに翻訳を調整することが可能です。 

一般的な翻訳を特定のコンテンツに組み合わせて、現地市場の特有のニーズに対応することもできます。