Live Chat

さまざまな翻訳には、共通の反復作業が含まれます。 翻訳メモリを使わずに翻訳すると、同じ語句を何度も繰り返し翻訳しなければなりません。 その結果、プロジェクトの完了時期が遅れるだけでなく、不統一な翻訳が生じることもあります。

翻訳メモリを使えば、翻訳したすべての文章が保存され、将来の作業で自動的に再利用されるため、同じ語句や文章の翻訳を常に統一でき、手動での翻訳作業を減らせます。

翻訳メモリの仕組みについて教えてください。

翻訳メモリ(TM)は、SDL Trados Studioのような翻訳支援ツールで使用します。 SDL Trados StudioでTMを使って翻訳すると、ドキュメントが分節ごとに区切られます。 各分節は翻訳されると、原文と訳文がセットでTMに保存されます。 作業を進めていく中で、すでに翻訳した文章とまったく同じ分節や似たような分節が自動的に検出されて処理されるので、翻訳時間を大幅に短縮できます。

より多くを翻訳

SDL Trados Studioで翻訳メモリを使うと、翻訳時間を40%以上も短縮できます。

品質の向上

同様のドキュメントの翻訳に一貫性を持たせながら、技術的な語句や口語的な言い回しの調査にかかる時間を短縮できます。

チームワークの向上

翻訳チームの間で翻訳メモリを共有することで、共同作業とスキル開発を向上させることが可能です。

包括的な翻訳環境 - SDL Trados Studio

翻訳メモリは、市場をリードする翻訳支援ツール、SDL Trados Studioの中心的機能です。 用語集管理とプロジェクト管理の強力な機能を備えたSDL Trados Studioは、翻訳者の生産性を飛躍的に向上させ、翻訳ワークフローを効率化することで、翻訳コンテンツの市場投入期間を最大50%も短縮できます。