Live Chat

翻訳テクノロジに関するグローバル調査 - 過去、現在、そして未来

既存の翻訳テクノロジはどの程度効果的なのでしょうか。 機械翻訳やクラウドベースサービスといった新たなツールの導入で、翻訳プロセスは向上するのでしょうか。 ユーザーは、現在そして将来に向けて、翻訳ソフトウェアにどのような期待を寄せているのでしょうか。

その実態を探るため、翻訳サプライチェーン全体を通じて何千人ものプロの翻訳者を対象に調査を実施し、 この分野において最大規模となる、100か国以上、2,784名の方々から回答をいただきました。

SDLは本調査により明らかになった興味深い5つのトピックについて、2016年を通じその1つ1つを詳細に分析しながら、翻訳のあらゆるニーズや課題にどのように対応すべきかを探っていきます。

品質が最も重要 - しかし、実現は困難

品質の重要性はコストの6倍、スピードの2.5倍という結果が出ていますが、調査対象者の3分の2が翻訳済みコンテンツのやり直しを行っていることから、高品質なコンテンツの実現が困難であるのは明らかです。 翻訳業界が、高品質の実現に向けて克服すべきと感じているその他の課題についてご確認ください。

高まる要求レベル

翻訳業務における要求の増加と、さらなる企業のグローバル化により、作業方法が変化しています。 翻訳業務の将来を映すトレンドと、その活用方法をご紹介します。

ユーザーの高まる期待

過去5年間で翻訳支援ツールはより使いやすく進化してきましたが、まだ改善の余地はあります。 プロの翻訳者が翻訳テクノロジに求めていること、また自身のユーザー体験を向上させる方法についてご確認ください。

可能性ある未来

翻訳ツールを強化し、他の既存システムと連携させるために、企業がソフトウェアAPIやアプリを利用する傾向がますます高まっています。 その活用事例と利用方法についてご確認ください。

生産性に関する新たな展望

翻訳生産性テクノロジは、作業量の増大に対応するための優れたソリューションですが、その技術革新はまだ始まったばかりです。 この翻訳テクノロジに関するインサイトシリーズ最後のeBookでは、「生産性」の未来について解説しています。ぜひご覧ください。