Live Chat

SDL Trados GroupShare

作業を効率化し、手作業を削減するプロジェクト管理ソフトウェア

GroupShareが翻訳プロジェクトの管理にどのように役立つのか

SDL Trados GroupShareは、あらゆる規模のチームの連携方法を変える、使いやすい翻訳プロジェクト管理ソリューションです。 オンプレミスでもクラウドでも使用可能なGroupShareは、SDL Trados Studioとシームレスに連動します。作業の効率化、手作業の削減、プロジェクトや用語集、翻訳メモリへのリアルタイムアクセスが実現し、チームによる高品質な翻訳の迅速な提供につながります。

リアルタイムでのプロジェクトの可視化と制御

プロジェクトの進捗確認作業を軽減 GroupShareのプロジェクトダッシュボードを使用して、プロジェクト全体を管理できます。 すべてのプロジェクト、納期、主要な指標を完全に把握できます。 プロジェクトの進捗を容易にチェックし、更新や完了状況の統計を瞬時に確認できます。

オンラインでのプロジェクト作成

プロジェクトが円滑に進行します。 新規プロジェクトの作成、ワークフローの導入、プロジェクトの段階のカスタマイズ。すべてをオンラインブラウザ経由で行うことができます。

チームへの自動通知

GroupShareでは、作業の準備が整ったことをチームメンバーに自動的に通知できるため、プロジェクトマネージャーの負担が軽減されます。

リアルタイムでのプロジェクトの更新

新しいファイルの追加やプロジェクトの更新がいつでも実行でき、指定したチームメンバーのみが即座にその変更を利用できます。

オンラインとオフラインの作業をシームレスに融合

GroupShareには、翻訳サプライチェーン全体でリアルタイムの連携を促進する、翻訳とレビュー用の使いやすいオンライエディタが備わっています。 これにより、プロジェクトマネージャーや翻訳者、専門知識を持つエキスパートは、Macやモバイルを含むあらゆるデバイスを使用して、コンテンツをレビューし、簡単な編集を加えることができます。 翻訳作業の大部分では、GroupShareとシームレスに統合するSDL Trados Studioを引き続き翻訳者の総合的な翻訳ツールとして利用できます。

同時アクセスで作業を加速

複数のユーザーが同時に同じドキュメントを処理できます。 例えば、1つのファイルを2人の翻訳者が同時に翻訳し、さらにレビュアーがリアルタイムで編集することができます。

プロジェクトにユーザーを簡単に追加

オンラインエディタにより、翻訳のレビュー作業に同僚を簡単に招待できます。 どのデバイスからでもコンテンツを編集でき、SDL Trados Studioのライセンスは必要ありません。

一元管理された翻訳リソースにリアルタイムで共有およびアクセス可能

一元管理された翻訳メモリや用語ベースへのアクセス権を制御し、期間限定で提供することで、より一貫した翻訳が実現します。 翻訳作業中に資産をリアルタイムで共有すると、コンテンツの再利用率が、デスクトップのみの環境では実現しなかったレベルまで向上します。

アクセス管理

役割に基づいて権限を与えることで、同じTMでの作業で各ユーザーに個別の権限レベルが設定され、管理とセキュリティが向上します。

全社規模で一貫性を確保

翻訳部門の枠を超え、すべての部門に用語集へのウェブベースアクセスを提供できます。

プロセスの自動化で負担を軽減

プロジェクト作成の簡素化、ワークフローの導入、プロジェクトの段階のカスタマイズにより、プロジェクトを円滑に進行できます。 GroupShareは、複数のプロジェクトを同時に管理するために従来必要とされた管理作業を不要にすることで、プロジェクトマネージャーの負担を軽減し、重要なタスクに集中できるようにします。

プロジェクトのセットアップを効率化

翻訳プロジェクトの作成、公開、管理に必要な手順を削減し、プロジェクト管理の手間を軽減します。

チームへの自動通知

GroupShareでは、作業の準備が整ったことをチームメンバーに自動的に通知できるため、プロジェクトマネージャーの負担が軽減されます。

繰り返されるプロジェクトにかかる時間を短縮

定期プロジェクトの場合、プロジェクトテンプレートでチームメンバーが自動的に定義され、管理タスクの負担が一層軽減されます。

セキュリティ機能が組み込まれている環境でのプロジェクト管理

誰が何にアクセスできるのかを完全に管理できます。 機密性の高いドキュメントをEメールでやり取りする代わりに、GroupShareを利用すれば、リソースのアクセス権をプロジェクト別に管理できます。タスクやプロジェクトが完了したタイミングでユーザーのアクセス権が自動的に無効になります。

Dynamic Resource Access

特定のタスクやプロジェクトで作業しているユーザーに対し、翻訳メモリ(TM)、ファイル、用語ベースへのアクセス権の付与と無効化を自動化します。

マルチレベルのアクセス権

役割に基づいて権限を与えることで、同じ翻訳メモリでの作業で各ユーザーに個別の権限レベルが設定され、管理とセキュリティが向上します。

翻訳者の質問を利用

SDL smartQueryは、質問を効果的に管理し再利用できるように取り込みます。その情報は、統合されたワークフローソリューションを通じて翻訳資産として活用したり、関係者が最新の情報を共有するために使用できます。

完全なレビュープロセスを構築

SDL globalReviewを使用すると、翻訳者、レビュアー、マネージャが、一元管理された統合レビュープラットフォームを介して効果的に共同作業できます。 高度なサンプル機能や解析機能を通じて品質評価の効率性と客観性が向上します。

関心を持たれましたか? インスタントチャット

SDL Trados Studioの詳細については、SDLカスタマーエクスペリエンスチームにチャットでお問い合わせください