Live Chat

構造化コンテンツ

世界中どこでも、あらゆる言語で、あらゆるデバイスに、質の高いテクニカルドキュメントを提供

構造化コンテンツとDITA規格

SDL Knowledge Centerは、DITA規格および構造化コンテンツを標準でサポートしています。 組み込みのコンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)により、独立した再利用可能なコンテンツを制作し、複数のパブリケーションで共有できます。

SDL Knowledge Centerでは、自分で定義したコンテンツアーキテクチャ内で、顧客が検索するトピックに基づいてコンテンツを制作します。 製品リリースの追跡、XML制作、自動パブリッシング、コンテンツバリエーションのサポートが可能です。

構造化コンテンツ - 画像
SDL Knowledge Centerの詳細

メリット

  • DITAの標準サポート 
  • パブリッシングに役立つDITA Open Toolkitの統合 
  • 制作ツールとの包括的な統合 
  • マルチチャネルの同時自動配信 
  • 強力なバージョンおよびコンテンツバリエーションのサポート 
  • 多言語でのコンテンツ管理

特長

高度なバージョン管理機能
Baseline Managerを使用し、市場への製品情報リリースを追跡できます。 これによりコンテンツのバージョン管理が実現します。バージョン管理では、ステータスごとの並べ替え、更新内容の表示、コンテンツのマップやグラフの表示、比較、更新が可能です。
自動パブリッシング
Publication Managerを使用すると複数チャネルにコンテンツを同時に公開できるため、市場投入の早期化につながります。 情報開発者は、公開されているコンテンツの形式を問わず、コンテンツコンポーネント間の関係を確認できます。
XML制作
JustSystems XMetal、PTC Arbortext、oXygenなどのXML制作ツールと緊密に連携するため、業界標準のツールを利用できます。 デスクトップベースやサーバーベースのコンテンツ全体で、コンテンツ品質機能をAcrolinxと同期することも可能です。
コンテンツバリエーション
Condition Managerでは、DITA標準で定義されている標準の条件に加えて、多数の条件を組み合わせることが可能なため、情報開発者はバリエーション管理に手間を取られることがなくなります。