Live Chat

統合された翻訳管理

グローバル企業のコンテンツ配信プロセスにおいて、翻訳管理はコストがかさむことが多いものの、非常に重要な要素です。 SDL Knowledge Centerでは、多言語でのコンテンツ管理に対応する高度な機能を通じ、ローカリゼーションのROIを向上させます。

SDL Knowledge Centerには翻訳サポート機能が組み込まれており、業界トップクラスのSDL翻訳管理システムと直接連係します。 SDL Trados StudioやSDLの翻訳サービスを始めとするすべての主要なSDL翻訳テクノロジーでDITA XMLがサポートされています。

SDL Knowledge Centerの詳細

メリット

  • 翻訳プロセスの効率化と統合
  • 翻訳ステータスの追跡
  • コストの削減 
  • 翻訳済みのコンテンツのバージョン管理の自動化 
  • DTPの自動化

特長

翻訳の追跡
翻訳中のコンテンツのステータスを追跡します。 SDLの翻訳テクノロジーと併用すると、ステータスがリアルタイムで更新されるため、コスト、時間、納品予定日の最新情報を取得できます。
手動翻訳のサポート
SDLの翻訳テクノロジーを使用していない翻訳会社と仕事をする場合でも、その翻訳会社との間でDITAのインポートおよびエクスポートが可能です。
マルチメディア翻訳
ソース画像の言語が自動的に検出されるため、1つのリンクのみでマルチメディアファイルを適切な言語で表示できます。
自動パブリッシング
テクニカルコンテンツがさまざまな形式で自動的にパブリッシングされるため、翻訳済みバージョンのデスクトップパブリッシングが不要になります。