Live Chat
トレーニングセッション

SDL Trados Studio 2017ハンズオントレーニング
(上級コース・東京会場)

2017年3月17日
9:30 8 時間
株式会社コメット
笹塚トレーニングセンター

ハンズオントレーニングとは

ハンズオントレーニングとは、専用のトレーニング会場にて、全員が実機を使って実際にSDL Trados Studio 2015を操作しながら受ける1日(7時間)のトレーニングです。短時間でSDL Trados Studio 2015の使い方を習得するには最適のトレーニングセッションです。


開催概要

【日時】2017年3月17日(金) 9:30~17:30 (昼休憩1時間 ※最長で19:30終了となる可能性があります。)

【料金】 各コース:36,000円(税抜)
※SDL Trados 保守契約加入のお客様は特別優待料金20,000円(税抜)となります。 (トレーニング実施日が保守加入期間内の場合に限ります)

【定員】12名  
* 最低遂行人数に満たない場合は開催を中止させて頂きますので、あらかじめご了承ください。

【申込締切】 各トレーニングコース開催の6営業日前

【会場】 株式会社コメット 笹塚トレーニングセンター
東京都渋谷区笹塚1-48-3 住友笹塚太陽ビル2階   

【申込方法】 ご希望のコース名・参加者名を明記の上、sales-jp@sdl.comまでご連絡ください。


コース概要

SDL Trados Studio 2017 上級コース

SDL Trados Studio 2017の使用にすでに習熟されている方を対象に、高度な機能を使用して翻訳の効率をいっそう高め、プロセスを効率化することを目指すコースです。中級コースまたはプロジェクトマネージャコース(パート2)を受講された方が対象になります。

<内容>
- 翻訳メモリのメンテナンス:TMリソースをコンパクトに効率よく維持
- XMLコンテンツのローカリゼーション
- カスタムQA規則の定義による自動QA機能のさらなる活用
- Word、PowerPoint、Excel、InDesignなど、さまざまなファイル形式に対応した
     翻訳プロセスの最適化
- 翻訳済み文書のレビューと変更履歴機能の活用
- レビュー用にMS Wordへ翻訳をエクスポートし、レビュー時の変更を自動的に
     プロジェクトへ引き継ぐ
- PerfectMatchを使用したプロジェクト更新およびプロジェクト途中での更新処理
- 従来のバイリンガルファイル(TTX、ITD、バイリンガル形式のDOC)の処理
- 自動仮翻訳により、翻訳作業前にローカリゼーションでよく発生する問題の
     特定


SDL認定試験

トレーニングには、それぞれのコースの認定試験の受験権が含まれています(認定試験の受験は任意です)。認定試験に合格することにより、SDL認定の資格を取得することができます。詳しくはSDL認定詳細ページをご参照ください。認定試験は、My Accountサイトから受験することが可能です。 


コースラインナップ

その他のトレーニングコースについてはこちらをご覧ください。

このイベントは終了しています
参加できませんでしたか? 心配ご無用です!
ほかにも興味あるイベントを多数ご用意しています。 今後開催予定のイベント一覧をご確認ください。
すべてのイベントを見る