Live Chat

相互理解の時代

SDLの中核を成すのは、常に言語です。言語はいつの時代も人間のコミュニケーションと表現の中心にあります。 洞窟の壁画から、グーテンベルクの印刷機、月面着陸のテレビ放送、ハッシュタグで加速される社会運動、最近の絵文字にいたるまで、人間は相互のコミュニケーションを常に必要としています。 

相互理解の時代へようこそ


情報からコミュニケーションへ

情報へのアクセスは人々に利益をもたらし、必要なことでもありますが、情報が理解されなければ意味がありません。 人々は互いに情報を共有したいと考えています。 そのため、コミュニケーションは急速に、あらゆる企業間および企業と顧客との間の交流に不可欠な要素となりました。 個人は複数の媒体を通じて、他者、ブランド、世界とコミュニケーションできることを期待しています。

デジタルな世界に人間味を

しかし、今やデジタル世界と人間のコミュニケーションはさらに進化しつつあります。 ある地域の人に関連することが、別の地域の人にはまったく無関係であることもあります。 企業はこうした課題をどのように管理すればよいのでしょうか。 増加し続けるコンテンツを個人に関連性の高い方法で配信する複雑さに対処するには、自社だけではなかなか解決できません。 

翻訳サービスを提供する会社は複数あり、コンテンツ管理を行う会社はさらに数多く存在します。 SDLが提供するのはそれだけではありません。 人間世界のデジタル化を推進する会社は多数ありますが、SDLが目指すのはデジタル世界の人間化です。

相互理解

SDLは、翻訳サービスとともにコンテンツと翻訳の両方の管理テクノロジーを提供することで、組織がより有意義なコミュニケーションを実現できるようサポートします。そのために、強力なプラットフォームによってデジタルテクノロジーと人間の専門性を活用し、顧客の心に響く体験を創出します。 また、人間は場所や言語を超えて理解されたいという欲求を心の底に抱いていると考え、それを可能にするソフトウェアやサービスの提供に力を入れています。 

相互理解の時代へようこそ。